メンズ白髪染めシャンプー

「髪染めた?」と言われない自然な男性用白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪、染めた?

メンズ白髪染めシャンプー特集。今回は、「髪染めた?」と言われない自然な男性用白髪染めをご紹介します。

 

年を取ってくればどんどん増えてくる白髪。定期的に白髪染めはしていても、うまく染めないといかにも白髪を染めました!という状態になってしまいます。

 

周りの人から「白髪、染めた?」と聞かれるのも恥ずかしいですし、聞かれないまでも(白髪を染めたな)と内心思われているような気がすると気恥ずかしいものです。

 

今回は、実際に白髪染めをしている男性の皆さんに「周りの人が白髪を染めたら気付く?」「自分が白髪を染めたとき周りの人の目は気になる?」についてインタビュー調査をしてみました。皆さんがどのように感じているのか参考になりましたら幸いです。

 

また、白髪染めをしたことがなぜ周りにバレてしまうのかということには理由があります。
その理由を踏まえて、周りに気付かれないように白髪を染める方法についてもお伝えします。


白髪染めを利用中の男性に聞いてみました

質問①:『周りの人が白髪を染めたら気付く?』

  • 職場の人や友人など周りの人の髪を見て「白髪染めたな」と気付くことはありますか?
  • 染めたことに気付くときはどんな場合ですか?

についてご自身も白髪染めをしている男性数人にお聞きしました。

 

【男性A】年齢:30代

男性A

白髪の量:頭頂部の分け目を中心に少なめ
普段の白髪染め:自宅でヘアカラー

 

あまり意識して見ている訳ではありませんが、なんとなくわかる人もいます。会社の前の上司が結構白髪の多い人で、定期的に黒くなるので「染めたな」と思ってはいましたが、散髪をしてきたときに「髪切ったんだな」と思うのと同じで、染めていることはあまり何とも思いませんでしたね。

 

【男性B】年齢:40代

男性B

白髪の量:顔周りにやや多めで髪全体に白髪がある
普段の白髪染め:自宅でヘアカラートリートメント

 

自分自身が昔ヘアカラーを使っていたので、ヘアカラーで急に黒くなっている方がいれば染めたなと分かります。私もそうですが、ヘアカラートリートメントを使っている場合は染めていても気付いていないことも多いと思います。

 

【男性C】年齢:40代

男性C

白髪の量:もみあげやこめかみにやや多めで髪全体に白髪がある
普段の白髪染め:自宅でヘアカラー

 

全然気が付かないです。自分の友達もそうですが同年代はほとんど白髪が生えてきていますので、白髪を放置している人以外は何らかの対策をしているものと思っています。よほど毛染めの前後で変化があれば別ですが、普通の毛染めではほとんど気付きません。

 

【男性D】年齢:50代

男性D

白髪の量:髪全体に4割くらいが白髪の状態
普段の白髪染め:理髪店で白髪ぼかし

 

白髪があって当たり前の年代なので、あまり他人の白髪も気にはなりませんが、白髪の多い若い人が急に真っ黒になればさすがに気付きます。まだ若いのに大変だなと思ってみています。

 

【男性E】年齢:40代

男性E

白髪の量:耳上を中心にチラホラと白髪がある
普段の白髪染め:自宅でヘアカラートリートメント

 

髪は黒いのに生え際が白く目立っている人を見ると白髪染めをしているんだなとわかります。私にヘアカラートリートメントのことを教えてくれた同僚は聞くまで白髪染めをしているとは思わなかったほど自然です。周りにわかってしまうのは薬局などで売っている強力な白髪染めタイプだと思います。

 

質問②:『髪を染めたとき周りの人の目は気になる?』

  • 自分自身が白髪を染めた時に周りの人の目が気になりますか?
  • 白髪染めをしたことを周りの人に気付かれたときはどう思いますか?

についても先ほどと同じ皆さんに質問しました。

 

【男性A】年齢:30代

男性A

白髪の量:頭頂部の分け目を中心に少なめ
普段の白髪染め:自宅でヘアカラー

 

周りの人が染めてきたことも気になりませんし、自分が染めたときもあまり気になりません。まだ白髪が少ないので白髪染めをしても染める前と後でそんなに大きく変わっていないと思います。白髪が増えてきたら周りの目も気になるかもしれませんね。

 

【男性B】年齢:40代

男性B

白髪の量:顔周りにやや多めで髪全体に白髪がある
普段の白髪染め:自宅でヘアカラートリートメント

 

元々ヘアカラーを使っていて、髪に良くないという理由もありますが、白髪が真っ黒に染まってしまうのが嫌でヘアカラートリートメントに切り替えました。絶対に白髪を染めたことをバレたくないかと言われればそこまでではないですが、なるべくなら気付かれないほうが良いと思います。

 

【男性C】年齢:40代

男性C

白髪の量:もみあげやこめかみにやや多めで髪全体に白髪がある
普段の白髪染め:自宅でヘアカラー

 

40代の後半にもなれば白髪は当たり前ですので、毛染めをしたことを周りに知られても全然気になりません。気にはなりませんが、自分的には毛染めの前後でそんなに変わっていないと思っていますので、周りの人も気付いていないのでは?と思っています。

 

【男性D】年齢:50代

男性D

白髪の量:髪全体に4割くらいが白髪の状態
普段の白髪染め:理髪店で白髪ぼかし

 

さすがに50代なので白髪はあって当たり前。他人の白髪も気になりませんが自分の白髪も特に気になりません。散髪ついでに理髪店で白髪ぼかしをしており、染めたことを指摘されたことは一度もありませんので何とも言えませんが、もし聞かれたら白髪ぼかしをやっていますと普通に言います。

 

【男性E】年齢:40代

男性E

白髪の量:耳上を中心にチラホラと白髪がある
普段の白髪染め:自宅でヘアカラートリートメント

 

多少気になるかもしれません。染めたの?と直接言われなくても髪を見られていたら染めたことを知られたようで気恥ずかしい気がすると思います。ヘアカラートリートメントは自然に染まりますので、急激に真っ黒に染まるタイプの白髪染めは使いたいとは思いません。

染めたことがわかるのは「一度で染める」から

白髪染めをしたばかりの男性

皆さんの意見を聞いていてもわかるとおり、白髪を染めたことを周りに知られるきっかけは「髪色の急激な変化」です。

 

特に会社など、毎日顔を合わしている人の髪の色が白髪から黒髪に急に変われば、誰にでも染めたことがわかってしまいます。

 

「髪色の急激な変化」はヘアカラーを使っているために起こります。ヘアカラーは美容院での白髪染めもそうですし、自宅用のヘアカラーでも同じです。

 

ヘアカラーはアルカリ剤と過酸化水素を混合させて髪に色付けしますが、いったん髪色を全て脱色したうえで髪に色を入れ込みますので、白髪でも黒髪でも一度できれいに染まるメリットがあります。

 

白髪をきれいに染めることができる反面、きれいに染まりすぎて、これが「髪色の急激な変化」に映ってしまうのです。これはヘアカラーのメリットでもありデメリットでもあります。

 

周りに知られず白髪染めをするなら

それでは周りの人に知られずに白髪染めをするならどうすれば良いのでしょうか?

 

それは短期間に髪色を大きく変えないこと。少し白髪染めの手間は増えますが、徐々に染めていくタイプの白髪染めを使うことで、髪色を大きく変えることなく一定の髪色を維持できれば、周りに白髪染めをしたことを知られることはほとんどありません。

 

男性は女性に比べて、白髪を染めたことを周りに知られても気にしない方が多いようではありますが、あえて知られる必要もありませんし、できることなら知られない自然な白髪ケアをしたいものです。

 

徐々に白髪を染められる方法をご紹介しますので参考にしてみてください。


徐々に白髪を染められる2つの方法

一つ目はヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

方法は2つあります。
一つは「ヘアカラートリートメント」です。

 

インタビューをした男性の中にも使われている方がいましたが、ヘアカラートリートメントというのはトリートメント成分が配合されたヘアマニキュアタイプの白髪染めです。

 

ヘアカラートリートメントは髪を脱色することなく、髪の表面付近に色をつけるタイプの白髪染めですので、ヘアカラーのように不自然に真っ黒に染まることがありません

 

一度で染まりきることはなく、数回使用して希望の色に染まったら、あとは週に1~2回ほど(色持ちは商品で差があります)一度染め直しを行うことで自然な髪色が維持されます。

 

徐々に染まり、ある程度色が入ったら定期的なケアで自然なカラーがキープしますので、周りの人に白髪染めをしたことを知られることはほとんどないと言えます。

 

また、ヘアカラートリートメントがヘアカラーと大きく違う点は、髪や頭皮を傷める成分が入っていないので長期的に安心して使えるということ。またトリートメント成分が入っていますので、白髪以外にも髪の悩みを持っている男性にもうれしい働きも期待できます。

 

色持ちに差があると書きましたが、ヘアカラートリートメントの中でも色持ちが良いのが「利尻ヘアカラートリートメント」です。老舗ブランドでもあり、日本一売れているヘアカラートリートメントですので、女性ならご存知の方も多いと思いますが、男性にはまだ馴染みが少ないかもしれません。

 

ヘアカラーは髪や頭皮にダメージの大きい商品ながら、まだまだ男性はヘアカラーを使っている方が多いのが現実。男性向けのヘアカラートリートメントはほとんど販売されていませんが、年齢とともに髪の悩みが増えてくる男性にこそヘアカラートリートメントがおすすめです。

 

利尻ヘアカラートリートメントは、染まり具合や色持ち、コスパに優れるヘアカラートリートメントで初めてカラートリートメントを使う男性でも使いやすいです。

 

▼利尻ヘアカラートリートメントを実際に使用してみた体験レポートはコチラ

関連ページ:利尻ヘアカラートリートメント使用体験レポート
ミネラル分豊富な北海道利尻島産の天然利尻昆布を使用した無添加の利尻ヘアカラートリートメントは、白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェア2017年で全国1位にも選ばれた評価の高い白髪染...

 

もっと徐々に染められる白髪染め

利尻カラーシャンプー

もう一つの方法は「カラーシャンプー」です。シャンプーに白髪を染める成分が入っており、シャンプーをするだけで洗髪と白髪染めができる画期的な商品です。

 

数度の使用ではほとんど色がつかず、毎日のシャンプーで徐々に色が付いてきます。ヘアカラートリートメントに比べてもさらにゆっくりと白髪を染めるタイプの白髪染めです。

 

残念ながらカラーシャンプーはまだまだニッチな商品のようで、「利尻カラーシャンプー」以外ほとんど販売されていません。利尻カラーシャンプーは上でご紹介した利尻ヘアカラートリートメントと同じメーカーが販売している白髪染めです。

 

利尻カラーシャンプーは私も愛用していますが色付きは本当に「ゆっくり」です。使い始めはほとんど変化は見られず2週間ほど使ってようやく色がついてきました。黒色は薄いですが、いったん色がついたら毎日のシャンプーで自然な髪色が維持できています。

 

▼利尻カラーシャンプーを実際に使用してみた体験レポートはコチラ

利尻カラーシャンプー

関連ページ:利尻カラーシャンプー使用体験レポート
普段は利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしていますが、今回新たにシャンプータイプの利尻カラーシャンプーが発売されていましたので、購入のうえ実際に使用してみました。使い勝手や染まり...

まとめ

周りに白髪染めをしたことを知られずに徐々に染められる白髪染めを二つご紹介しました。

 

実際にどちらも使っていますが、本当に使いやすい白髪染めです。どちらかを選ぶとすれば、最初は定番の「利尻ヘアカラートリートメント」が使いやすいでしょう。

 

定期的な白髪ケアで自然な髪色を維持したい方や少し白髪が多めの男性には「利尻ヘアカラートリートメント」がおすすめです。わざわざ白髪染めの時間を取るのが面倒な方や毎日少しずつ白髪を目立たなくしたい方なら「利尻カラーシャンプー」を選んでください。

 

どちらもお試しキャンペーン設定がありますのでまだ使ったことのない方はお試しください。

 

利尻ヘアカラートリートメント

関連ページ:利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメントは、ミネラル分豊富な北海道利尻島産の天然利尻昆布を使用したヘアカラートリートメントです。ヘアカラートリートメントと言えば利尻と言われるくらい有名で、白髪用ヘア...

毎日のシャンプーで簡単!利尻カラーシャンプー

関連ページ:毎日のシャンプーで簡単!利尻カラーシャンプー
利尻カラーシャンプーは、いつものシャンプーに替えて使うだけで白髪染めができる“洗う・染める”を1度に叶えるこれまでにはなかった新発想の白髪染めです。毎日のシャンプーだけで白髪ケアができま...

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性白髪染めランキング


このページの先頭へ戻る