メンズ男性用白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪染めで抜け毛が増えてはげるってホント?

白髪染めで抜け毛が増えるってホント?

 

質問する男性

白髪染めは薬剤が強くて、使い続けると毛根が死んでしまい、抜け毛が増えてくると聞きました。白髪染めが抜け毛やはげる要因になるというのは本当なのでしょうか?

市販の白髪染めを使っていますが、放置時間を短めにすれば少しは毛根へのダメージを軽減することができるのでしょうか。

白髪染めは間接的には抜け毛要因になりうる

 

回答する男性

白髪染めが直接毛根に何らかの作用をして抜け毛を増やすことはありませんが、ヘアカラーを使用している場合は、髪にダメージを与えたり、頭皮環境を悪化させてしまうことで、間接的に抜け毛を増やしてしまう可能性があります。

放置時間を短くしても、染まりが悪く染め直しの回数が増えてしまえば、なおさら髪や頭皮のダメージを増やしてしまうことになります。

 

白髪染めで抜け毛は増える?

抜け毛を気にする男性

白髪染めを使っている多くの男性が、白髪染めによって髪や頭皮に負担をかけてしまい、将来薄毛になってしまわないかということを気にしているようです。

 

特に刺激の強いヘアカラータイプの白髪染めを使っている男性は不安を感じながら白髪を染めていることも多いようです。

 

白髪が生えてくる年代になると、その後は少しずつ髪が細ってきたり、髪全体のボリュームが減ってきたりと髪の悩みが増えてきますが、もしかしたら今使っている白髪染めが原因なの?と疑ってしまうこともあります。

 

そこで、今回ご質問いただいています「白髪染めで抜け毛が増えるのか?」ですが、上の回答にも書きましたが、ヘアカラーに含まれる成分が、直接的に毛根に何らかの作用を及ぼして抜け毛を増やすことはないと言えます。

 

ただし、ヘアカラーは少なからず髪へのダメージがあり、また薬剤が頭皮へ付着してしまうことで、間接的に抜け毛の要因になると考えられます。

 

回りくどい言い方になってしまいましたが、白髪染めの中でもヘアカラータイプを使っている場合は、間接的にですが抜け毛の要因になると言えそうです。

ヘアカラーが髪や頭皮に与える影響

ヘアカラーが髪や頭皮に与える影響は、大きくは次の2つです。

 

ヘアカラーが髪に与える影響

髪の毛というのは、下のイラストのように、キューティクル(毛表皮)、中間部をコルテックス(毛皮質)、中心部をメデュラ(毛髄質)という3層から成り立っています。

 

髪の構造

 

一番外側にあるキューティクルは、髪の内部組織であるメデュラやコルテックスを外部刺激から守り、タンパク質や水分が失われないように守る働きをしています。

 

ヘアカラーはアルカリ剤でキューティクルを開き、コルテックスにあるメラニン色素を分解して脱色した後でカラーを浸透させて閉じ込めることで髪を染色します。

 

その間キューティクルは開いた状態のため、タンパク質や栄養が流れ出してしまい、髪の細りや乾燥を招いてしまうことがあります。

 

キューティクルが開いている間は髪の防御力が低下した状態になり、その状態で髪に刺激を与えたり紫外線を浴びたりすることで、さらに髪を傷める要因になってしまいます。

 

また、アルカリ剤は一定期間髪の内部に残留してしまうので、ヘアカラーを使った後は髪がダメージを受けやすい状態が続いてしまいます。

 

継続的にヘアカラーを使い続けると、ダメージが蓄積され、抜け毛や切れ毛が増えてしまったり、髪が細く弱くなるといった髪のトラブルの要因になってしまうことがあるのです。

 

ヘアカラーが頭皮に与える影響

自分でヘアカラーを使って染める場合は、根元までしっかり染めようとすると、注意して塗ってもどうしても頭皮にも薬剤が付着してしまいます。

 

ヘアカラーの薬剤は刺激が強く、直接地肌に触れてしまうと炎症やアレルギーの要因になってしまいます。

 

普段はアレルギー症状が出ない方でも、体質や肌の調子によって、頭皮が赤くなったりかぶれたりといったアレルギー反応が出ることがあります。

 

毎回同じヘアカラーを使っている場合でも、体調や使用頻度によって、ある日突然アレルギー反応が出ることもあります。使用の都度パッチテストが必要なのはこのためです。

 

アレルギー反応などで頭皮が炎症を起こしたり、頭皮に強い刺激を与えることで環境が悪化すれば、頭皮の血流が悪くなり、抜け毛の要因になることもあります。

白髪染めで抜け毛を増やさないためにできること

ヘアカラーを使わない

ヘアカラーのダメージ

間接的とは言えヘアカラーが抜け毛の要因になりうることから、ヘアカラーの使用を避けることがまずは一番重要です。

 

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントであれば、キューティクルを開くことなく髪を染めますので、髪を傷めることがありません。ジアミンなどの刺激の強い成分が配合されておらず頭皮への刺激もほとんどありません。

 

ヘアカラーと比較すれば、染まりは弱く色持ちも短いといったデメリットはありますが、安心して使い続けることができます。ヘアカラートリートメントであれば、髪の補修効果やボリュームアップ効果など、髪の悩みをもつ男性にも使うメリットが大きいです。

 

実際に使ったからわかる!男性向けにおすすめの白髪染めランキング

関連ページ:実際に使って評価!男性向け白髪染めランキング
白髪染めと言ってもヘアカラーやヘアマニュキュア・カラートリートメントなど色々な種類があるけどどれを選べば良いの?白髪染め選びに迷っている男性に、私自身が実際に使用...

 

放置時間は適切にとる

放置時間

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントであれば問題ありませんが、ヘアカラーを使っている場合は、染料を塗ったあとの放置時間を守りましょう。

 

きれいに染めようと長時間放置をする方もおられますが、放置しているあいだ髪や頭皮にダメージを与え続けることになります。

 

また反対に髪へのダメージを少なくしようと放置時間を短めに取るのもNGです。きちんと染まりきらずにすぐに染め直しすることになってしまえば、なおさら髪や頭皮へのダメージを増やすことになってしまいます。

 

また放置時間が短すぎると、染まりがムラになってしまうこともあります。もしヘアカラーを使って染める場合には、きちんと取扱説明書に書かれてある放置時間を守って染めましょう。

 

根本的に白髪を減らす努力をする

健康的な男女

これは究極的な話ですが、根本的に白髪を減らしてしまえば、白髪染めを使う必要もなく抜け毛が増えることもありません。完全に白髪を無くすまではいかなくても白髪の量が少しでも減れば、白髪染めの頻度を下げることができ髪や頭皮への負担を軽減することができます。

 

根本的に白髪を減らすためには、睡眠や運動・食生活など生活習慣を見直すことが重要です。白髪の原因は加齢だけではなく、食生活の乱れによる栄養不足や睡眠不足、ストレスなどによる血行不良も挙げられます。

 

また、規則正しく栄養バランスの整った食生活を心がけながら、髪の栄養や頭皮環境を整える栄養をしっかり摂ることも白髪を減らすのに効果的です。

 

生活習慣の見直しは即効性があるわけではありませんが、継続して見直していけば、きっと効果が現れてきます。

 

白髪を予防・改善するために有効な栄養成分とは?

関連ページ:白髪を予防・改善するために有効な栄養成分とは?
白髪の予防や改善には、機能が低下したメラノサイトの働きを活性化させることが重要。生活習慣を見直したりバランスの良い食事に気をつけながら、必要な栄養素を積極的に摂取...

このエントリーをはてなブックマークに追加

条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ