メンズ男性用白髪染め

ルシード スピーディカラーリンスはどんな白髪

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルシード スピーディカラーリンス

染め時間 3分
添加物 無添加(ジアミン・香料を使用せず)
匂い 無臭に近い淡い香り
刺激 特に刺激なし
容量 160g
使用回数 12回/1本当たり
色持ち 3日間(週2~3回)
タイプ ヘアマニキュア / カラーリンス
カラー 2色
ダークブラウン、ナチュラルブラック

※使用回数はトップの長さ10cm、サイドの長さ4cm、柔らかめの髪の毛で試したものです
 髪の毛の長さや髪質によっても使用量は変わりますので目安としてご覧ください


「ルシード スピーディカラーリンス」は・・・

ルシード スピーディカラーリンスは、40才からのコスメティックブランド「LUCIDO(ルシード)」から販売されているメンズ白髪染めです。
シリーズから販売されていた「ボリュームアップカラートリートメント」からのリニューアル版です。

 

お風呂でシャンプー後にリンス替わりに手軽に使うことができ、髪のエイジングケアもできるトリートメントタイプの白髪染めです。浸透の早いスピード染色処方で放置時間は3分。手間も時間もかけずに素早く染めることができます。

 

使うたびに少しずつ白髪が染まっていき、自然に目立たなくなります。

 

髪をいたわる3種類のトリートメント成分(浸透性アミノ酸、コラーゲン、海藻エキス)が配合されているので、髪の内側から弾力を与え、ハリやコシのある健康な髪に近づけます。

 

髪や頭皮の傷みが心配で白髪染めを敬遠していた方や、時間や手間のかかる白髪染めを面倒に感じている方、不自然な色合いに染まるのが心配な方などにも使いやすい白髪染めです。

 

ただしトリートメント効果は限定的なので、髪のボリュームや薄毛などが気になる男性はカラートリートメントタイプの白髪染めがオススメです。

 

カラーの持続は弱めで、週に2~3回の染め直しが必要。商品単価は低いですが、染め直し頻度が高いことから、継続コストは意外と高めになってしまうのがネック。

 

■メーカー:株式会社マンダム ルシード
■ホームページ:https://www.lucido.jp/

ルシード スピーディカラーリンス使用レビュー

ルシード スピーディカラーリンスを実際に使用してみた

 

マンダムのLUCIDO(ルシード)シリーズから販売されている男性用白髪染め「ルシード スピーディカラーリンス」を試してみました。

 

ルシード スピーディカラーリンスはリンスタイプの白髪染めです。スピーディの名がついているとおり3分で染められるのが特徴です。

 

これまでルシードからは「ルシード ボリュームアップカラートリートメント」というカラートリートメントタイプが販売されていましたが、こちらの「スピーディカラーリンス」にリニューアルされています。

 

使いやすさや染まり具合などリアルな使用感をリアルに体験レポートしますので、購入をお考えの方は参考にしてみてください。

 

ルシード スピーディカラーリンスを買ってきました

近所のホームセンターで見かけて、ルシード スピーディカラーリンスを購入しました。
価格はamazonと同じ。楽天だと送料込みにすると少し高めです。
メンズビゲンからもカラーリンスが発売されていますが、このときはルシードのほうがかなり安く購入できました。

 

ルシード スピーディカラーリンス

 

カラーは、ナチュラルブラックとダークブラウンの2色設定。
色数は少ないですが、大半の男性にはこの2色で困ることはないと思います。

 

普段通り、ナチュラルブラックを選びました。
男性用化粧品らしい渋めのデザインで洗面所に置いていても収まりは悪くありません。

 

ルシード新旧比較

 

新旧パッケージを比較してみました。
左が旧パッケージの「ボリュームアップカラートリートメント」、右が新パッケージの「スピーディカラーリンス」。
訴求ポイントが髪のボリュームアップから染まりの早さに代わっています。
(5分→3分に短縮)

 

ルシードの成分

 

リニューアルに伴い配合成分も大きく変わっています。
まず染料ですが、塩基性染料とHC染料の組み合わせであったのが、塩基性染料のみに変わっています。塩基性染料+HC染料が最近の主流である中、ちょっと珍しい変更です。
加えて若干赤の色合いが強化されているようです。

 

また、旧商品では防腐剤には安息香酸Naを使い、パラベンフリーを謳っていましたが、リニューアルされてメチルパラベンが配合されるようになっています。
アルコールやシリコーンなど、高価格帯のヘアカラートリートメントでは避けられている成分も入っていて若干気になるところです。いずれも安全性には問題ありませんが、敏感肌の方はパッチテストしてから使った方がより安心です。

 

ルシード スピーディカラーリンスを使ってみます

それではルシード スピーディカラーリンスを使っていきます。リンスタイプの白髪染めなので、使う前にシャンプーをして、タオルで髪の水気を取ります。

 

まずはシャンプーで汚れを落とします

 

ルシードの匂いやテクスチャーは?

ゴルフボール半分程度を手に取ります。

 

手に染料を取ったところ

 

完全な無臭ではないですが、鼻を近づけて嗅がないと分からないくらいの弱い匂いで、ほとんど気になることはありません。
傾けても垂れてこないくらいの硬さです。

 

髪全体に塗っていきます

髪全体に塗っていきます

 

両手に広げたら、そのまま髪全体に塗っていきます。

 

ブラシで重ね塗り

 

もみあげやこめかみなど白髪の目立っている場所や生え際などの細かい部分はブラシを使うと塗りやすいです。
※ブラシは付属していませんので、他の白髪染めに付属していたものを使っています。

 

放置時間は3分。髭を剃っているあいだに染まっています。
後はお湯で洗い流して白髪染め完了です。


ルシード スピーディカラーリンスは染まる?染まらない?

ルシード スピーディカラーリンスの実際の染まり具合です。
分かりやすいように美容院などで使われている人毛を使って染めています。

 

1回目の染まり具合

ルシードの1回目染まり具合

 

1回目の染まり具合です。放置時間3分。
まだ染まり方は弱く、白いままの毛もあります。

 

3回目の染まり具合

ルシードの3回目染まり具合

 

3回目の染まり具合です。放置時間3分。
かなり色が濃くなってきました。ブラックですがわずかに紫が入った色味です。

 

5回目の染まり具合

ルシードの5回目染まり具合

 

5回目の染まり具合です。放置時間3分。
5回染めると、かなりしっかり染まってきます。

 

メンズビゲンのカラーリンスと染め比べ

メンズビゲンとルシードの染め比べ

 

メンズビゲンからもカラーリンスのナチュラルブラックが販売されています。
同じように5回染めて色味を比較してみました。左がメンズビゲン、右がルシードです。

 

ルシードの方が色味が濃く、若干ですがブラウンの色味が入ってるように感じます。
メンズビゲンは色味は少し薄いですが、仕上がりはマットで自然です。

ルシード スピーディカラーリンスの口コミ・利用者の声

使用レビューで雰囲気はつかめてもらえたのではないでしょうか。
他の人がどのように感じているのか、口コミも見ていきましょう。
ネット情報や周りで実際に使用した方のインタビューを集めました。

 

40代男性

ナチュラルブラック使用です。1本使い切りましたが、染まりはかなり弱いと感じます。白髪は目だたなくなりましたが、真っ黒という感じではないですね。
シャンプーと一緒に使えて便利ではありますが、素手で使うと爪の隙間に色がついてしまい、洗い流すのがちょっと面倒です。
髪や頭皮に優しいタイプなので仕方ないのかもしれませんが、もう少し染まると使いやすいと思いました。

30代男性

メンズビゲンのカラーリンスからの乗り換えです。同じ量で値段が安い!染める時間もメンズビゲンの5分に対してルシードなら3分。肝心の染まりもこちらの方が良いように感じます。今のところ頭皮に刺激もなく痒くもなりません。使った後は髪がサラサラになります。これは本当にオススメのカラーリンスです!

50代男性

カラーリンスは初めて使います。白髪染めの嫌な匂いがありません。
一度では染まりませんでしたが、使えば使うほど白髪が目立たなくなっていくのが分かります。ただし色は薄く、理髪店の白髪ぼかしに近い色味かもしれません。オジさんには自然でちょうどいい色です。

40代男性

リニューアル前のボリュームアップカラートリートメントから使っています。放置時間が3分に短くなったのはいいのですが、使った後の髪のボリュームアップ感は弱くなってしまったように感じます。
色味も若干赤みが出ているように感じます。前のタイプが気に入っていただけに残念です。

 

ルシード スピーディカラーリンスの成分

水、ステアリルアルコール、エタノール、パラフィン、ミネラルオイル、ステアリン酸グリセリル、セテス-40、ジメチコン、ポリクオタニウム-67、クエン酸Na、クエン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒバマタエキス、水溶性コラーゲン、 メチルパラベン、塩基性茶16、塩基性青124、塩基性赤51

ルシード スピーディカラーリンスはこんな白髪染め

ルシード スピーディカラーリンス

手に取った状態

 

スピーディカラーリンス ナチュラルブラック仕上がりイメージ

染まり具合

 

ルシード スピーディカラーリンスのココがポイント

  • リンスに変えてお風呂で簡単に染められる
  • 放置時間3分で時間をかけずに染められる
  • 刺激もなくイヤなニオイもしない

ルシード スピーディカラーリンスはこんな男性にオススメ

  • 市販の白髪染めで手軽に白髪ケアしたい男性
  • 髪や頭皮を傷めることなく白髪染めをしたい男性
  • 少しずつ白髪を目立たなくしたい男性

ルシード スピーディカラーリンスを試した感想(総評)

評価する男性

カラーリンスは染まりが穏やかなものが多いのですが、ルシード スピーディカラーリンスはその中で比べると染まりは比較的強めです。

 

リンス替わりに使えて、しかも素手のまま使えることから使い勝手は良いです。

 

使った後も髪がギシギシとすることもなくサラサラに仕上がります。

 

ただし、トリートメント成分配合とは謳っていますが、一般的なヘアカラートリートメントのように髪がフンワリするなどの効果までは期待できません。

 

色落ちは平均程度で、週に2~3回の染め直しが必要です。

 

使用量の目安はショートヘアで1回にゴルフボール半分程度ですが、細かい部分まで染めようとするともう少し使うことになります。1本の単価は安いですが、週2回使うとしても1本で1ヶ月持たないくらいの使用量で、意外とコストはかかりそうです。

 

髪や頭皮は傷めたくないけれどトリートメント効果までは必要のない方や、ヘアカラーからの切替などカラーリンスを一度試してみたい方には手軽で使いやすい白髪染めです。

 

継続的な利用を考えるときには、配合されているトリートメント成分や色持ちも併せてヘアカラートリートメントを検討していただければと思います。

 

\詳しくはコチラ/

ルシード スピーディカラーリンスの詳細・購入はコチラ(amazon)

 

よく見られている関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ