メンズ男性用白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加

利尻カラーシャンプーはどんな白髪染め?

利尻カラーシャンプー
価格:3,850円
(1回あたり約64円

初回2,750円で買えます!

公式サイトはコチラ
(商品は男女兼用です)

染め時間 シャンプー時間のみ
添加物 無添加(ジアミン・タール系色素・パラベン・香料・鉱物油・酸化剤・シリコーンを使用せず)
匂い 無臭
刺激 特に刺激なし
容量 200ml
タイプ カラーシャンプー
カラー 4色
ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラック

※使用回数はトップの長さ10cm、サイドの長さ4cm、柔らかめの髪の毛で試したものです
 髪の毛の長さや髪質によっても使用量は変わりますので目安としてご覧ください


「利尻カラーシャンプー」は・・・

利尻カラーシャンプーは、いつものシャンプーに替えて使うだけで白髪染めができる“洗う・染める”を1度に叶えるこれまでにはなかった新発想の白髪染めです。毎日のシャンプーだけで白髪ケアができますので、わざわざ白髪染めをする必要がなくなります。

 

継続して使っていくことで徐々に白髪を目立たなくすることができます。すぐに白髪をなんとかしたいという方にはマッチしませんが、毎日使うことで自然な感じに髪が染まっていきます。真っ黒に染まることはなく、少しずつ白髪が目立たなくなっていくため、周りに髪を染めたと思われたくない男性にも使いやすい白髪染めです。

 

天然成分の利尻昆布エキスなど27種類の植物成分が配合されており、保水力や保湿力に優れ、使い続けるほどにハリやコシを与え、根元からキレイに染まります。

 

使い方は簡単!シャンプーをしてそのまま洗い流すだけ。

 

泡立ちもよく髪全体をキメ細かい泡で包んでムラなく染められます。無添加・ノンシリコンなので髪や頭皮へのダメージがなく薄毛・抜け毛の要因にもなりません。また頭皮の弱い人にも安心です。

 

定期的な白髪染めから解放されたい方に是非おすすめです。

 

公式サイトから初回キャンペーン2,750円で購入できます。

 

■メーカー:株式会社ピュール
■ホームページ:http://www.sastty.com/lp/hcs_a_d1/

利尻カラーシャンプー使用体験談・レビュー

利尻カラーシャンプーを実際に使用してみた

 

普段は利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしていますが、今回新たにシャンプータイプの利尻カラーシャンプー(利尻昆布 白髪用カラーシャンプー)が発売されていましたので、購入のうえ実際に使用してみました。

 

使い勝手や染まり具合などリアルな使用感を体験レポートします。購入をお考えの方がいましたら参考にしてみてください。

 

利尻カラーシャンプーが届きました

利尻カラーシャンプーも、ヘアカラートリートメントと同じく、ライトブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ブラックの4色設定。
ブラックとダークブラウンを取り寄せましたが、今回はブラックで試してみました。

 

使用説明書以外に、他の利尻商品の紹介やお得な定期価格の案内が同封されていました。
とりあえず広げて写真に収めます。

 

利尻カラーシャンプー到着

 

いつも使っているヘアカラートリートメントと並べてみると、ほぼ同じサイズです。
多分画面で見ているよりも、実際に手元に取ってみると小さいと感じるかもしれません。

 

ヘアカラーと並べてみました

 

同封されている「ご使用の手引き」に使用方法が記載されていますが、使い方はいたって簡単。普段使っているシャンプーに替えて使うだけです。

 

ご使用の手引き

 

利尻カラーシャンプーを使ってみます

シャンプー前の状態です。こめかみ辺りの生え際を中心に白髪が目立っています。
実は、今回のカラーシャンプーを試してみるために、定期的に使っていたヘアカラートリートメントを1ヶ月ほど休んで白髪が出ている状態にしています。早く染まることを願います。

 

染める前の白髪状態

 

シャンプーの色やテクスチャー

液体は見てのとおり真っ黒です。
柔らかさは普通のシャンプーと同じ程度かややさらっとした感じ。
ヘアカラートリートメントはかなり粘りがありますが、カラーシャンプーは手を傾けると垂れてくる柔らかさです。

 

利尻カラーシャンプーのテクスチャー

 

無臭タイプですが、普通のシャンプーのような匂いは多少あります
白髪染めにありがちな匂いはなく、ほとんど気にならずに使えると思います。

 

利尻カラーシャンプーの匂い

 

いつものシャンプーと同じように泡だてます。アミノ酸系シャンプーなので泡立ちが悪いかなとも思っていましたが、意外に泡立ちはよく、しっかり洗うことができます。

 

ここで注意をしたいのが、周りへの飛び散りです。口コミにも上がっていましたが、あまりガシャガシャすると周りに飛んで色が付いてしまいます。もちろんシャワーで流せばすぐに落ちますが要注意ポイントです。
すぐにコツがつかめますが、揉み込むように洗うとほとんど飛び散ることはありません。

 

利尻カラーシャンプーを使っているところ

 

使い方は普通のシャンプーと同じ

ヘアカラートリートメントは素手で使うと爪にカラーが残ってしまいますが、カラーシャンプーではほとんど色が残りませんので、本当に普通のシャンプーのように使えます。

 

利尻カラーシャンプーを泡立てたところ

 

原液をそのまま塗れば色がつくかもしれませんが、泡立ててシャンプーをした後に普通に洗い流せば、手に色はほとんど残りません。

 

洗い流したところ

 

洗い水は薄いグレー

洗い水は薄いグレーで、一般的な白髪染めのような濃い色水は出ません。

 

壁や床に着色の心配はあまりないと思いますが、髪を洗い流したあと、周りの壁にさーっとシャワーを流しておくと安心です。

 

利尻カラーシャンプーの洗い水


利尻カラーシャンプーは染まる?染まらない?染まり具合は?

1週間使ってみた染まり具合

1回・2回使っただけでは、ほとんど効果は感じられませんでした。

 

1週間ほど使ってみた状態が次の写真です。
写真を撮るときの光の加減もありますが、全体的に少し白髪に色が付いています。
白髪はまだまだ残っていますが、白髪のツヤが光ることがなくなり、白髪自体は目立ちにくくなっています。

 

とはいえ、個々に白髪を見ればまだまだ白く、白髪染めからこのシャンプーに置き換えてしまえるほどの状態ではありません。

 

一週間使ってみた状態

 

2週間使ってみた染まり具合

公式サイトで見ると「3回目位から徐々に染まり始め、14回目程度で染まります。」ということで、まずは2週間使ってみました。
毎日朝シャンプーするときに、これまでのシャンプーに置き換えて使用しています。

 

2週間使い続けてみた状態が次の写真です。

 

二週間使ってみた状態

 

1週間前に比べると、少し白髪に色が付いています。かなり薄手の白髪ぼかしのような状態でしょうか。白髪が髪になじんであまり目立たなくはなっていますが、白髪自体は黒くなっているわけではなくグレーカラーに近いです。

 

白髪染めをした後の最大の色落ちの要因はシャンプーですが、逆に毎日のシャンプーで白髪ケアができ、シャンプーをするたびに白髪を目立たなくしてくれるという意味では、それなりの効果と評価しても良さそうです。

利尻カラーシャンプーを試した感想(総評)

評価する男性

シャンプータイプなので、毎日使うことで徐々に白髪が染まります。
いつものシャンプーに置き換えるだけなので、とにかく手間がかからず楽チンです。

 

また毎日使用しますので日々白髪ケアができるのも魅力です。普通の白髪染めでは日数が経過すると生え際の白髪が目立ってくることがありますが、白髪染めシャンプーは日々のケアで生え際の白髪もあまり目立ちません

 

反面、染まり具合はかなり弱いです。一度の使用で染まるわけではないので、今すぐしっかり染めたい人には向いていません。(一度の使用では全く染まりません)
逆に、目立たずに徐々に白髪を染めることができるので、急激に白髪を黒髪にしてしまいたくないサラリーマンなどには向いていると思います。

 

また、白髪染めに比べて諸々の手間がかからず、気をつかわなくても良いことも実感しました。白髪染めであれば染める時間や放置時間をわざわざ取らないといけませんし、爪に色が付いてしまったり、周りに付けてしまわないかと何かと気も使います。

 

白髪染めシャンプーなら、白髪染めをしていることを意識することなく毎日シャンプーをしているだけで自然と白髪ケアをすることができます。

 

ただし、毎日使うことになりますのでコスト的には高くなってしまいます。私の髪の量であれば2ヶ月で1本弱※とすると年間では17,000円ほどかかってしまいますので、これは結構な負担になります。

 

※一回量は写真ではかなり使っているように撮影していますが、実際には少ない量(2㎝くらい)で十分に泡立ちしました。前回は1ヶ月で1本と書きましたが、2ヶ月で1本に修正しています。それでもそれなりのコストにはなりますが。。。

 

多少の手間はかかってしまいますが、個人的にはヘアカラートリートメントで定期的に白髪染めをするのが、コストを含めたトータルではおすすめかな、と思います。

 

楽を取るか、コストを取るか、迷うところです。

 

女性向けに思われがちな商品ですが男女兼用です。実際に男性の私も使って使い勝手の良さを実感していますし、本当に手間がかからないので、むしろ男性向きの白髪染めだと思います。

利尻カラーシャンプーの色選び

利尻カラーシャンプーの色選択

 

利尻カラーシャンプーのカラーラインナップはライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックの4色。

 

一般的な男性の髪色であれば、選択肢はブラックか、茶色系を選ぶにしてもダークブラウンまでかと思います。

 

ダークブラウン・ブラックのカラー比較

体験談ではブラックを使ってレビューしましたが、ダークブラウン・ブラックの両方で染め比べをしています。
美容院などで使われている人毛を使って、それぞれの染まり具合を見てみましたので参考にしてみてください。

 

利尻カラーシャンプー1回目の染まり具合

左がブラック、右がダークブラウンです。
1回目では、どちらのカラーも薄っすらと色付いている程度です。

 

利尻カラーシャンプー1回目

 

利尻カラーシャンプー2回目の染まり具合

2回目の染まり具合です。1回目に比べると少し色が濃くなってきました。
地毛では2回の使用ではほとんど染まりを感じられませんでしたが、人毛では思ったよりも染まっています。

 

利尻カラーシャンプー2回目

 

利尻カラーシャンプー3回目の染まり具合

3回目の染まり具合です。使うたびに少しずつ色味が濃くなってきます。

 

利尻カラーシャンプー3回目

 

利尻カラーシャンプー5回目の染まり具合

毎日使って5日目の染まり具合です。
ダークブラウン(右)は薄い黄土色、ブラック(左)は黒というよりも少し緑色がかって見えます。

 

利尻カラーシャンプー5回目

 

利尻カラーシャンプー7回目の染まり具合

1回目を含め7日連続で使用した状態です。
かなり染まってきましたが、思ったよりも明るめの色味に出ています。
特にダークブラウンはライトブラウンのような明るさです。

 

利尻カラーシャンプー7回目

 

利尻カラーシャンプー14回目の染まり具合

毎日使って2週間染めた状態です。きれいにカラーが付いています。
どちらのカラーも濃く染まってきましたが、ダークブラウンは思ったよりも明るいです。
写真ではブラックは少し緑色がかって見えますが、地毛で染めるときには緑の発色はそんなに強くなく違和感なく染まっています。

 

利尻カラーシャンプー14回目

 

今回ダークブラウンとブラックと両方使ってみましたが、ブラックの方が色付きは良いかなと思います。

 

自分の髪の毛は真っ黒ではなく少しだけ茶色が入っていますので、当初ダークブラウンを選びましたが、使ってみるとブラックでも染めた部分が目立つこともなく馴染みは良かったです。

利尻カラーシャンプーの口コミ・利用者の声

使用レビューで雰囲気はつかめてもらえたのではないでしょうか。
他の人がどのように感じているのか、口コミも見ていきましょう。
ネット情報や周りで実際に使用した方のインタビューを集めました。

 

悪い口コミ

30代男性

こめかみからモミあげにかけての顔周りの生え際に白髪が多いのですが、私の髪質に合っていないのか、ほとんど染まりませんでした。

40代男性

予想していましたが、白髪染めと比べると全然染まりません。もう少し使ってみないと分かりませんがリピはしないかな、と思います。

40代男性

今までは利尻ヘアカラートリートメントを使っていました。定期的に染めるのが手間でシャンプーを試してみました。が、シャンプー単体に切り替えるのは無理っぽいですね。

 

良い口コミ

50代男性

シャンプーをするだけで、白髪染めができるので、めんどくさがり屋の私にはぴったりです。
泡立ちも悪くなく普通に汚れを落とせます。
頭皮がかゆくなることもなく、使って一週間ほどですが白髪が目立たなくなってきたのでこれからも使い続けるつもりです。

40代男性

急激な変化はないですが、毎日使い続けると少しずつ染まってきます。毎日使うものなので、もう少し安いといいのですが・・・。

50代男性

トリートメントタイプの白髪染めに比べると、使い方が簡単なので、無理なく毎日続けられるのがいいですね。手間がかからないのが一番です。

 

口コミ・利用者の声から分かったこと

一般的な白髪染めの染まり方をイメージして使うと期待外れの結果になることが多いようです。
シャンプータイプの白髪染めですので、完全に白髪を染めることはできず、白髪を目立たなくする商品と理解して使った方が良いと思います。

 

良い口コミでは「手間の少なさ」が評価されています。
シャンプーするだけで白髪を目立たなくすることができる点はやはり大きなメリットと言えます。

利尻カラーシャンプーの成分

利尻カラーシャンプーの成分

 

水(特殊水)、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ラウレス-4カルボン酸Na、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、ポリクオタニウム-10、ココイルアラニンTEA、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PEG-32、PPG-3 カプリリルエーテル、リシリコンブエキス、アルギニン、アルギン酸Na、アルテア根エキス、アルニカ花エキス 、エタノール、オオウメガサソウ葉エキス、オクラ果実エキス、オタネニンジン根エキス、オドリコソウエキス、オランダガラシ葉エキス、カミツレ花エキス、カワラヨモギ花エキス、クエン酸、グリチルリチン酸2K、ゲンチアナ根エキス、ゴボウ根エキス、加水分解シルク、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタ葉エキス、センブリエキス、ニンニク根エキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、フェノキシエタノール、フユボダイジュ花エキス、プラセンタエキス、ボタンエキス、ポリクオタニウム-53、ポリクオタニウム-6、ポリクオタニウム-7、マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル、ユズ果実エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ローヤルゼリーエキス、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コンキオリン、カキタンニン、乳酸、乳酸Na、カプリル酸グリセリル、ウンデシレン酸グリセリル、PEG-2ベンジルエーテル、コシロノセンダングサエキス、ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、加水分解クチナシエキス、水溶性アナトー、HC黄4、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、塩基性青75、塩基性茶16、塩基性赤51、塩基性黄87、塩基性青99

 

添加物チェック表

ジアミン パラベン タール系色素 シリコン 合成香料
未使用 未使用 未使用 未使用 未使用

化粧品成分スペシャリストによる成分評価

アレルギーリスクの高いジアミンは未使用。パラベン、タール系色素、シリコン、合成香料など刺激となり得る成分についても全て未使用。

 

いずれもカラートリートメントなどにも一般的に配合されている範囲の比較的危険性の低い成分ばかりです。
防腐剤や酸化防止剤も刺激性の低い成分が採用されており、配合成分に十分注意がはらわれていることがよく分かります。
配合されている洗浄成分は全てアミノ酸系なので、頭皮のオイルコントロール力にも優れています。今まで市販の洗浄力強めのシャンプーを使っていた方であれば、このカラーシャンプーに切り替えるだけでも頭皮環境の改善につながることが期待できそうです。

 

利尻カラーシャンプーの全成分鑑定

利尻カラーシャンプーはこんな白髪染め

利尻カラーシャンプー

シャンプーしている様子

 

利尻カラーシャンプーのココがポイント

  • いつものシャンプーに替えて使うだけで簡単に白髪ケア
  • 無添加なので髪や頭皮を傷めずに染められる
  • 少量でもしっかり泡立つのでコストをかけずに継続できる

利尻カラーシャンプーはこんな男性にオススメ

  • 一般的な白髪染めが面倒と感じる男性
  • 白髪を徐々に目立たなくしたい男性
  • 髪や頭皮を傷めずに白髪ケアをしたい男性

 

白髪染めシャンプーなら手軽さナンバー1

白髪染めシャンプーは、いつものシャンプーに置き換えるだけなので、とにかく手間がかからず楽なのが特徴です。

 

普通の白髪染めでは日数が経過すると生え際の白髪が目立ってくることがありますが、白髪染めシャンプーは日々ケアできるので生え際の白髪も目立ちません。

 

一度でしっかり染めたい人には向いていませんが、目立たずに徐々に白髪を染めることができるので、急激に白髪を黒髪に変えてしまいたくない、あるいは周りの人に染めたことを知られたくない男性にもピッタリです。

 

使う回数を調整することで白髪ぼかしとしても使うことができます。

 

シャンプー単体で白髪が染められる商品はほとんどなく、手軽さと染まり具合から、白髪染めシャンプーなら「利尻カラーシャンプー」の一択です。

 

 

▼初回限定キャンペーン実施中!初めての方はこの機会にどうぞ!

公式:利尻カラーシャンプーの詳細・購入はコチラ

(商品は男女兼用です)

よく見られている関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ