メンズ男性用白髪染め

男性用白髪染めと女性用白髪染めの違いは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪染めは男性用と女性用に違いがある?

白髪染めを購入しようと、スーパーやドラッグストアに行くと一般的に男性用・女性用とコーナーが分かれて販売されているため、男性は男性用を女性は女性用しか使えないと先入観で思っている方も多いかと思います。

 

女性用のものはモデルが女性で花柄やピンク系のパッケージだったり、男性用のものも男性のモデルで渋いパッケージのものが多く、いかにも男性用・女性用が別物の印象を受けてしまいます。
メンズ○○○などとネーミングされているとなおさら男性は男性用を買うものと思ってしまいます。

 

男性用と女性用に成分に違いがあるの?

男性用と女性用に成分に違いがあるの?と疑問を持たれるかもしれませんが、それぞれの成分表を並べて見比べてみても、男性用と女性用それぞれの白髪染めに配合されている成分に大きな差はありません

 

そもそも白髪が染まるメカニズムは男性と女性に違いがあるわけではありません

 

女性の方が髪の量が多いことや女性よりも男性の方が髪の毛が太くて染まりづらいこと、カラーや風合い香りなど、男性と女性では好みが違うため、それぞれの一般的な好みに合うように調整されて販売されているだけというのが実状です。

 

基本的な成分や染まり方に大差はないため、女性が男性用のものを、男性が女性用のものを使っても全く問題はありません

 

男性用と女性用は何が違うの?

それでは男性用と女性用の白髪染めは何が違うのでしょうか?

 

あえて違いを挙げるとすると、男性用として販売されている白髪染めの特長は、白髪染めは面倒と感じる男性が多いため、素早く簡単に染める事が出来る物が多く、色合いもブラックやダークブラウンなど定番のものだけでカラー数も少なく、暗めの色が中心となっています。

 

女性用として販売されているものは、女性は香りを好む傾向があることから、香りも楽しみながら白髪染めができるものが多いというのが特長です。フローラルやバラなどの花の香りやオレンジなどの柑橘系の香りなど多種さまざまな香りのものがあり、アロマの香りに癒されながら白髪を染める事ができることを売りにしている商品も多く、カラーもライトブラウンやナチュラルブラウン、アッシュブラウンやダークブラウンなど売れ筋のブラウンひとつとってもバリエーション豊富に取り揃えられています。

 

男性用として販売されているものは、男性には無香料のものが好まれることが多いため、女性用として販売されているもののようにアロマの香りで癒されるというようなものはなく、マリン系やミント系の頭皮をすっきりさせるような香りなどがあるくらいで、ほとんどが刺激臭を抑える程度の香り付けがされている程度です。

 

また、男性用ではあまりトリートメント効果を売りにした白髪染めは多くなく、髪の毛に栄養を与えて、髪にツヤやコシを与えてくれるタイプが多いのも女性用の特長です。

 

男性用にないカラーを染めたい、香りも楽しみながら白髪染めがしたい、髪が傷んでいるのでトリートメント効果も得たい、というような方は女性用の白髪染めも併せて選択肢を広げれば、ご自分に合った白髪染めを選びやすくなります。


髪のボリュームが気になる男性はコレを使おう!

ヘアカラーの使用は要注意

一般的に白髪染めというと、有名なタレントを起用したテレビコマーシャルをよく見かけることもあり、ヘアカラー(カラー毛染め)を想像される方も多いかと思います。

 

ヘアカラーは、色持ちがよく低コストで誰でも簡単に購入できる反面、地肌に付かないように細心の注意が必要だったり、素手で染めることができないことからもわかるとおり、刺激が強い傾向があります。科学的な匂いがあるのも特徴で、ヘアカラー独特のつんっとした鼻をつく匂いが苦手という方も多いかと思います。

 

ヘアカラーは一度でしっかり染まるメリットもあり、上手に使えば便利なものではあるのですが、髪の毛や頭皮に刺激を与える成分が配合されていることから、継続して使い続けると髪の毛や頭皮を傷めてしまうリスクがあります。

 

最近では低刺激を謳ったヘアカラーも販売されるようになっていますが、白髪染めは使い出すと長く使い続けるもの。多くの方が、年齢とともに髪が細くなってきたり、ボリュームが減ってくると思いますが、髪や頭皮への刺激は少しでも減らしたいところです。

 

またヘアカラーには、今まで問題なく使えていても、ある日突然アレルギーを発症するといったリスクもありますので注意が必要です。

 

髪や頭皮にはなるべく刺激を与えないことが重要

年齢を重ね、若いころに比べて髪が細くなったり、髪がボリュームが減ってくるのはある程度仕方のないことではありますが、それ以上進行させないためには、髪や頭皮に刺激物をなるべく触れさせないことが重要です。

 

そうだからと言って白髪をそのまま放置しておくわけにもいきません。

 

当サイトでは、安心して使えるヘアマニキュアタイプの白髪染めをおすすめしています。
ヘアマニキュアは色持ちが短く白髪染めの頻度を高めてしまうデメリットはあるのですが、素手で染められるほど刺激が弱く、髪や頭皮を傷めず安全に白髪を染めることができます。

 

特に、髪が細くなってきたり、ボリュームが減ってきた方には、ヘアマニキュアの中でも、頭皮環境を整えたり、髪のコシやボリュームアップが期待できる成分が配合されたトリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

 

トリートメントタイプの白髪染めは、シャンプーの後にリンスの代わりに使用するもので、お風呂に入っている10~15分ほどの短い時間で簡単に髪を染めることができます。

 

何よりトリートメントタイプの白髪染めが優れているところは、白髪を染めながら傷んだ髪を補修したり、頭皮環境を整えてくれる美容成分や補修成分なども入っているので、使い続けるうちに髪や頭皮も健康的になってくるといった点です。

 

白髪で悩む年齢の男性は、白髪の悩みと同時に髪にコシがなくなり、ボリュームが少なくなってきた、抜け毛が増えてきたなどといった年齢特有の悩みも持っている方が多いものです。

 

トリートメントタイプの白髪染めであれば、白髪とボリュームが少ないという2つの悩みを同時に解決してくれます。

 

ちなみにこのトリートメントタイプの白髪染めも女性を意識したパッケージになっているものが多いのですが、ほとんどの商品はメーカーのオフィシャルサイトにも記載がありますが男女兼用になっています。

 

白髪以外にも最近抜け毛が増えて髪のボリュームが気になる、将来のために今から薄毛対策をしたいという男性の方は女性用として販売されているトリートメントタイプの白髪染めを是非どうぞ。

 

トリートメント効果も期待できる男女兼用ヘアマニキュア


このエントリーをはてなブックマークに追加

条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ