男性の白髪染め

利尻ヘアカラーとLPLP(ルプルプ)徹底比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

利尻ヘアカラーとLPLP(ルプルプ)徹底比較
髪の毛にダメージがない白髪染めとして人気のトリートメントタイプの白髪染め。中でも保湿効果の高い昆布を主成分とした白髪染めが人気です。
北海道産の良質な昆布にはネバネバの元「フコイダン(フコダインではありません)」が多く含まれており、髪をしっかり保湿しツヤツヤにする効果があります。

 

昆布白髪染めには「利尻ヘアカラートリートメント」と「LPLP(ルプルプ)」の二つが有名です。今回はこの二つの昆布成分配合の白髪染めを比較してみました。

 

「利尻ヘアカラートリートメント」と「LPLP(ルプルプ)」の違い一覧

比較項目 利尻ヘアカラーLPLP(ルプルプ)
主成分 利尻昆布ガゴメ昆布
価格 3,240円3,240円
お試し価格 2,160円
(33%オフ)
1,980円
(39%オフ)
年間コスト(※1) 5,897円11,232円
送料 (初回)
2本以上購入で無料
1本の場合は540円

(2回目以降)
7,000円以上購入で無料
1本の場合は540円
5,000円(税抜)
以上で送料無料
返金保証 返金保証なし(初回のみ)
使用後でも返金可能
容量 200g200g
タイプ ヘアカラートリートメントヘアカラートリートメント
手で染められる 直接手で染められる直接手で染められる
染まり具合 良く染まる良く染まる
匂い 無臭淡いアロマの香り
頭皮の刺激 感じない感じない
染め時間 5~10分10~20分
色持ち 10日間
(2週間くらいは許容可能)
5日間
(10日くらいは許容可能)
髪へのダメージ ダメージなしダメージなし
PH ph7(中性)ph8(微アルカリ性)
酸化染料の使用 未使用未使用
トリートメント効果 ありあり
カラー 4色

・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・ブラック

4色
・ブラウン
・ダークブラウン
・ソフトブラック
・モカブラウン

知名度 高いやや低い
公式サイト ピュール公式サイト Jコンテンツ公式サイト

 

(※1)年間コストは、
私自身の髪(トップの長さ10cm、サイドの長さ4cm、柔らかめの髪の毛)
で使用した結果から算定しています。
髪の毛の長さや髪質によっても使用量は変わりますので目安としてご覧ください。

利尻とLPLP(ルプルプ)の実際の染まり具合

同じようなカラー設定になっていますが、実際に染めた後の色合いは違いがあり、それぞれ特長があります。
染めた色味が分かりやすいように、美容院などで使われる人毛サンプルを使って染め比べをしていますので、カラー選びの参考にしてみてください。

 

ブラック系カラーの染め比べ

ブラック系は、利尻はブラック、LPLP(ルプルプ)はソフトブラックの設定があります。

 

写真はどちらも5回染め直しをした後の状態です。
どちらとも変なツヤもなく自然に染まっていますが、利尻の方が黒みが強く、LPLP(ルプルプ)は若干赤みが出ています。
ブラック系カラーの染め比べ

 

ブラウン系カラーの染め比べ

男性には明るいブラウン系はニーズが少ないので、ダークブラウン系で染め比べ。利尻はダークブラウン、LPLP(ルプルプ)はダークブラウンと新色のモカブラウンを比べています。

 

こちらも同じく5回染め直しをした後の状態です。
同じブラウン系でも色味は全然違います。

 

利尻はかなり明るく染まっています。ブラウンと言うよりもやや黄土色がかった色味です。
LPLPのダークブラウンはきれいなブラウンに染まっていますが、ダークブラウンと言うよりは明るめのライトブラウンに近いような色味です。
モカブラウンは濃いめのブラウンに染まっています。ダークブラウンと言われてイメージするときの色味には一番近い染まり具合です。
ブラウン系カラーの染め比べ

 

カラー選びのポイント

ヘアカラートリートメントは、白髪部分しか染まらず黒髪はほとんど色が変わりませんので、カラーを選ぶときは地毛に近い色味を選ぶのが基本です。

 

地毛が黒髪~濃いめのブラウンの男性であれば「利尻のブラック」か「LPLPのソフトブラック」、少し明るめのブラウンの髪色の男性であれば「LPLPのモカブラウン」が使いやすいと思います。

 

ヘアカラーのように脱色して髪色を変えるわけではありませんので、希望のカラーよりも1トーン濃いめのカラーを選ぶと失敗が少なくなります。

 

利尻ヘアカラートリートメントを実際に使用してみた体験記事も参照ください
LPLP(ルプルプ)を実際に使用してみた体験記事も参照ください

二つの昆布白髪染めを比べてみた結果

【使用感】どちらも無添加のトリートメントタイプで、使用感に大きな差はありません。染め上がりの状態もほぼ同じくらいです。

 

【色持ち】色持ちは染め方にもよりますが、利尻ヘアカラートリートメントで2週間くらい、LPLP(ルプルプ)で1週間弱が目安です。あまり手間がかからないと言え染め頻度が高いと面倒なもの。頻度を考えると利尻ヘアカラーが使いやすいです。

 

【コスト】こちらも染め方にもよりますが、利尻ヘアカラートリートメントの場合年間で2本(以下)の使用量。2本購入するとしても7,000円ほどですので続けやすいです。

 

私自身は色持ちとコスト面から利尻ヘアカラートリートメントを使い続けています。自分の髪質にもあっているようでかなり満足しています。
使用頻度は月1回です。(ただし徐々に色落ちして後半は少し白髪が目立ってはきます)

 

私がおすすめする白髪染めは ⇒ 利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

関連ページ:利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメントは、ミネラル分豊富な北海道利尻島産の天然利尻昆布を使用したヘアカラートリートメントです。ヘアカラートリートメントと言えば利尻と言われるくらい有名で、白髪用ヘア...

 

利尻ヘアカラーは初回お試しの価格設定がありませんので、LPLPに比べると若干敷居が高いかもしれません。もし昆布白髪染めが初めてでどういうものか試してみたいという方であれば、お試し設定のあるLPLPがおすすめです。(しかも使っても返品保証つき)

 

(追記)利尻ヘアカラーも初回お試し価格2,160円(税込)が設定されました。返金保証はありませんが、金額的にはお試ししやすくなりました。

 

お試しがお得な白髪染めは ⇒ LPLP(ルプルプ)

ルプルプヘアカラートリートメント

関連ページ:LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント
LPLPルプルプヘアカラートリートメントは、美髪効果が高いとされる北海道産「ガゴメ昆布」やミネラルたっぷりの海洋深層水を配合した、髪や頭皮にやさしいカラートリートメントです。後発ではあり...

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性白髪染めランキング


このページの先頭へ戻る