メンズ男性用白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる生え際やこめかみの白髪

白髪染めをしても日が経ってくると少しずつ白髪が目立ってきます。

 

染めた部分も毎日のシャンプーで少しずつ色落ちしてきますが、白髪がよく目立つのは新しく生えてくる、いわゆる生え際白髪です。

 

特にこめかみや耳周りの生え際白髪は人目にもつきやすく、また鏡を見るたびに自分でも気になってしまいます。

 

男性の場合は、後頭部や頭頂部に比べて、こめかみや耳周り、もみあげなど顔周りに白髪が目立ってくる方が多いようです。

 

ケアのしやすさという点では、自分で気付かないうちに後頭部に白髪が増えてくるよりも、気付いてケアできる顔周りの方がまだマシかもしれません。

 

とは言っても、目につきやすいこめかみや生え際の白髪は早めに何とかしたいもの。

 

まずは白髪がこめかみや耳など顔周りの生え際に集中して生えてくる理由を知った上で、どう白髪ケアをしていけば良いのか見ていきましょう。

こめかみ・生え際の白髪が目立つ理由

目が疲れた男性

こめかみや耳周りの生え際に白髪が目立つのはなぜなのでしょうか。

 

白髪が増えるのは加齢による頭皮の老化を要因とするものだけでなく、栄養不足や血行不良によってメラノサイトの働きが低下することも要因になります。

 

髪はメラノサイトで作られるメラニン色素によって色がつけられますが、栄養が不足したり、栄養をきちんと摂取していても血行不良で栄養が行き届けられないと、メラノサイトが正常に働かずメラニン色素を作り出せなくなります。

 

頭皮には太い血管が通っておらず毛細血管しかありません。そのため頭皮はもともと血行不良になりやすい場所です。

 

それに加えて、こめかみや耳周りには細かい神経細胞が多く通っているのですが、目からインプットされた情報を脳に伝達するため、目の周りの神経は一日中働き続けています。ただでさえ疲れやすい目を酷使していると、目の周りの筋肉が緊張し働きが低下してきます。

 

会社でのパソコン作業や通勤中のスマホなど一日中画面を見続け、普段から目を酷使している方の場合、眼精疲労を起こして、こめかみや耳周りの血流が悪化していることが多いのです。

 

その結果、こめかみや耳周りなど生え際への栄養が不足し、メラノサイトの働きを低下させ白髪を増やしやすくなってしまいます。


こめかみ・生え際の白髪を減らす方法

休憩中

こめかみ・生え際の白髪を減らすためには、目を休めてあげることが大切です。

 

デスクワークで集中してパソコンを見続けていると、まばたきの回数も減り、眼精疲労の原因になります。

 

一定時間ごとに休憩を取って、目の周りを優しくマッサージをして筋肉を揉みほぐしたり、窓の外や遠くを見るなど、目の筋肉を休ませましょう。

 

休憩中は、ついスマホを手に取り見てしまいそうですが、そこはぐっと我慢しましょう。スマホを見てしまうと目を休めることにならなくなってしまいます。

 

自宅の場合は、ホットタオルも効果的です。

 

タオルを電子レンジで温めるか、市販のホットアイマスクを使って目に当てれば、目の疲れがとれ血流の循環を促してくれます。また体をほぐして気持ちをリラックスできれば、自律神経を整える効果も期待できます。

 

目を休めたりホットタオルで血行を促進したからと言って、すぐにこめかみや耳周りの生え際白髪がなくなるわけではありませんが、血行が改善され、頭皮へ栄養が行き届くようになれば、少しずつでも白髪の改善につながっていきます。


こめかみや生え際の白髪に使いやすい白髪染め

全体染めをするほどではないけれど、少し目立ってきたこめかみや耳周りの生え際白髪を染めてケアしたいこともよくあると思います。

 

そんなときに使いやすい白髪染めを2種類ご紹介します。

 

タッチペンタイプの白髪隠し

タッチペンタイプの白髪隠し

一つは「タッチペンタイプの白髪隠し」です。

 

タッチペンタイプの白髪隠しは、ペンでなでるように白髪の部分に塗るだけで簡単に白髪を隠すことができます。塗った後はシャワーで洗い流す必要もありません。

 

生え際や分け目の白髪など、目立つ部分にだけ使えば良いので、全体を染めるような面倒な作業は一切必要ありません。

 

出勤前に鏡を見て白髪が見つかったときにも手軽に塗ることができます。携帯できるタイプが多いので、会社に持っていき、使いたいときにさっと取り出して白髪を隠すこともできます。

 

ただし、白髪隠しは手軽に使える反面、効果は持続しません。一時的に髪に色をつけているだけなので、夜シャンプーをすればすぐに色は落ちてしまいます。

 

髪が短い男性が白髪隠しを選ぶときは、少しテクスチャーが硬めのクリームタイプを選んだほうが使いやすいです。液体タイプもありますが、短い髪の生え際に塗ろうとすると地肌に液だれしやすいので、液だれしにくいクリームタイプを選ぶと失敗を減らすことができます。

 

利尻白髪かくし使用レビュー

関連ページ:利尻白髪かくし使用レビュー
定期的に白髪染めをしていても、どうしてもこめかみやもみあげなど生え際に白髪が目立ってくることがあります。そんなちょっと気になる白髪が見つかったときにさっと使える一時...

 

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプー

もう一つは「白髪染めシャンプー」です。

 

シャンプータイプの白髪染めで、いつも使っているシャンプーに替えて使うだけで、髪を洗いながら白髪染めもできる優れものです。

 

全体染め用の白髪染めではありますが、白髪染めシャンプーは基本的に毎日使うタイプなので、新しく生えてくる白髪も毎日ケアできるため、生え際の白髪が目立ってくることがありません。

 

普段通りシャンプーをするだけで、白髪ケアができ生え際白髪も目立ってこないので、定期的な染め直しを面倒に感じている男性には非常に使いやすい白髪染めです。ほとんど白髪染めをしている認識もなく使うことができます。

 

利尻カラーシャンプー使用レビュー

関連ページ:利尻カラーシャンプー使用レビュー
普段は利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしていますが、今回新たにシャンプータイプの利尻カラーシャンプーが発売されていましたので、購入のうえ実際に使用してみま...

このエントリーをはてなブックマークに追加

条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ