メンズ男性用白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加

40代になって急に増える?!男性の白髪が増えてくる原因

20代や30代前半でも、白髪が急に増え始める方がいますが、一般的に、男性の場合は30代半ば頃から少しずつ白髪が出始め、40代に入ると本格的に白髪が増えてくる方が多いようです。

 

白髪が増える原因は多々ありますが、全てに共通していることは、
メラノサイトの機能が低下」していることです。

 

髪の毛は最初から黒い状態なのではなく、元々は白い状態で生えてきます。メラノサイト細胞がメラニン色素を生成し、髪の成長の過程で色素が沈着していくことで徐々に髪が黒くなっていくのです。

 

メラノサイトが正常に機能しないと、メラニン色素がうまく生成されず髪は白いままの状態で生えてくることになります。

 

40代になって白髪が増えてくるのも、このメラノサイトの機能が低下してくることが大きな原因ですが、それでは、なぜ40代になるとメラノサイトの機能が低下してくるのでしょうか。

 

その理由には大きく次の3つが考えられます。

  • 過酸化水素の蓄積
  • 成長ホルモンの不足
  • 頭皮の血行不良

それぞれの理由について詳しくご説明していきます。

40代男性の白髪が増える原因①過酸化水素の蓄積

一つ目の原因は「過酸化水素(活性酸素)の蓄積」です。

 

メラノサイト細胞では、「チロシン」というアミノ酸が「チロシナーゼ」という酵素と結びつくことでメラニン色素が生成されますが、過剰に発生した過酸化水素はメラニン色素の生成に必要なチロシナーゼを破壊してしまうのです。

 

メラノサイトの働き

 

過酸化水素とは活性酸素の一つで、人は日々呼吸をして酸素を体内に取り入れますが、この一部が活性酸素になります。活性酸素自体は本来「悪者」ではなく、体内に侵入したウイルスや細菌などを除去するために必要不可欠な存在です。
活性酸素がないと人はウイルスや細菌に無防備にさらされてしまいます

 

体にとって必要な存在ではあるのですが、増えすぎるのも問題です。
活性酸素は呼吸だけでなく、紫外線やストレスなどによっても発生します。活性酸素が必要以上に増えすぎてしまうと、人の体の健康な細胞にまで攻撃を始めるようになってしてしまうのです。

 

活性酸素は、元々ヒトが体内に持っている抗酸化力の強い酵素によって分解され無害化されます。
若いときにはこの酵素が十分に分泌されているため発生する活性酸素を自然に分解できていますが、酵素の分泌量は年齢とともに減少してしまいます。40代にもなってくると酵素の分泌が活性酸素の分解に追いつかなくなり活性酸素が過剰な状態になってきます。

 

そのため過剰になった活性酸素がメラニン色素の生成に必要なチロシナーゼを破壊してしまうことで、メラニン色素の生成が阻害され白髪の原因になってしまいます。

40代男性の白髪が増える原因②成長ホルモンの不足

二つ目の原因は「成長ホルモンの不足」です。

 

成長ホルモンと言うと幼少期だけのものと思われるかもしれませが、大人になってからも分泌され続けるもので、細胞の代謝に大きな役割を果たしています。

 

細胞が活発に代謝することで、メラノサイトがメラニン色素を正常に生成し、髪を黒くすることができるのです。

 

この成長ホルモンも、先ほどの抗酸化酵素と同じように、40代には分泌量が減少してきます。

 

成長ホルモン分泌量
出典:Ho,K.K. et al.:Horm Res 40(1-3):80,1993

 

成長ホルモンは、思春期前の値を基準値の100%とすると、10代後半の思春期後期にピークを迎え200%まで増加、その後は年齢とともに減少していき、40歳では50%程度にまで減少してきます。

 

そのため、40代になり成長ホルモンの分泌量が減少してくると、メラノサイトの働きも低下してしまい、メラニン色素の生成が髪の成長に追いつかず白髪が生えてくる原因になります。

40代男性の白髪が増える原因③頭皮の血行不良

頭皮の血行不良

三つ目の原因は「頭皮の血行不良」です。

 

年齢を重ねると老化で顔にシワが増えてくるように、頭皮も老化してきます。頭皮の老化は、一つ目の原因である過酸化水素の蓄積とも関係がありますが、活性酸素による肌の酸化(=老化)による部分が大きく影響しています。

 

頭皮が老化することで、頭皮が硬く凝り固まってしまい、血行を悪化させてしまいます。

 

また、頭皮が血行不良になる大きな原因は老化だけではなく、ストレスとも大きく関係しています。

 

男性の40代というと働き盛り。責任のある立場にもなり大きな仕事を任されている方も多いのではないでしょうか。
人間関係でも上司や部下との間に挟まれ苦労されている方もおられるかもしれません。

 

また家庭でも子育てや住宅ローン・学費など様々なストレスを受けることが多い年代でもあります。適度なストレスはやる気や人生の張り合いにも繋がりますが、過度なストレスは交感神経と副交感神経のバランスをくずして、自律神経を乱れさせてしまいます。

 

自律神経が乱れてくると、常に体が緊張状態になり血管が収縮してしまいます。体に必要な栄養は当然血液によって運ばれますので、血行が悪くなると、体の隅々にまで栄養が行き届かなくなります

 

頭皮には太い血管が通っていないことから、もともと他の場所に比べて栄養不足になりがちな場所なのですが、血行不良になればさらに頭皮には栄養が行き渡らなくなり、メラノサイトの働きを低下させてしまうのです。


40代男性が白髪の増加を予防するための対策

白髪予防の対策

これらの原因を踏まえて、40代男性が白髪の増加を予防するためにどのような対策を取ればよいのでしょうか。

 

まずは、「活性酸素を今以上増やさないこと」と「体内の抗酸化酵素を減らさないように予防すること」が重要です。

 

活性酸素を今以上増やさない

活性酸素は、加齢以外にも、喫煙、大量のアルコール摂取、紫外線、過度なストレスによっても増えてきますので、活性酸素を増やさないように生活習慣を見直しましょう。

 

活性酸素を分解するための抗酸化酵素を増やすために食事も工夫してみましょう。
食べ物にも活性酸素の働きを抑制する抗酸化成分を含んだものがあります。レモンやアセロラなどに豊富に含まれるビタミンCや、ナッツ類やウナギなどに含まれるビタミンEには、細胞の酸化を防ぐ働きがあります。

 

最近では、白髪を予防するために必要な栄養が配合されたサプリメントも販売されています。手軽に白髪予防の栄養を補給したい方は活用してみてください。

 

白髪サプリで白髪予防できる?実際に飲んでみました

関連ページ:白髪サプリで白髪予防できる?実際に飲んでみた
白髪サプリを実際に飲んで試していますのでサプリを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。どのサプリを飲めばいいの?どのサプリが自分に合っているの?実際に効果があるの?...

 

成長ホルモンの分泌量を増やすためには、適度な有酸素運動を行い、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

ストレスも白髪の原因に

ストレスと白髪の関係は、実は科学的に証明されているわけではありませんが、ストレスによって白髪が増えるというのは昔からよく言われている話ではないでしょうか。

 

ストレスが白髪を増やす原因は定かではありませんが、ストレスが活性酸素を増やしてしまうだけでなく、頭皮の血行不良も招いてしまい、ダブルで白髪を増やしやすい環境を作ってしまうのは間違いないでしょう。

 

ストレス社会の中でストレスをゼロにすることは難しいと思いますが、休日に体を動かしてみたり、趣味を増やしてみたり、自分なりのストレス解消法を見つけて、なるべくストレスを溜め込まないことが大切です。

 

ストレスで白髪が増える原因と対策!黒髪に回復させることは可能です

関連ページ:ストレスで白髪が増える原因と対策
どうしてストレスを受けると白髪が生えてくるのでしょうか。 ストレスが白髪を作りだす大きな要因は「メラノサイトの働きを低下」させてしまうこと。メラノサイトの働きを低下...

 

頭皮マッサージも有効

これらに加え、頭皮の血行改善には「頭皮マッサージ」も有効です。ちょっとした時間でも良いので、毎日頭皮マッサージで頭皮を揉みほぐすと、少しずつですが頭皮が柔らかくなり血行改善につながります。

 

頭皮マッサージで血行を改善しよう

関連ページ:頭皮マッサージで血行を改善しよう
メラノサイトの働きの低下が白髪の原因に白髪の原因は、加齢以外にも食生活や生活習慣の乱れなどにより、メラノサイトの働きが低下することによって白髪ができると考えられ...

 

白髪の増加を予防するための対策まとめ

  • 生活習慣の見直し(禁煙、飲み過ぎない、紫外線を避ける、質の良い睡眠)
  • 食生活の見直し(バランスの良い食事、ビタミンCやビタミンEを摂取)
  • その他の対策(適度な運動、ストレス解消法を見つける、頭皮マッサージ)

今生えている白髪の対策は?

これ以上白髪を増やさないためには、先ほど挙げたような対策を続けていくことが重要ですが、白髪改善の効果というのはすぐに現れるものではありません

 

体の内部から少しずつメラノサイトの働きを改善していっても、髪にはヘアサイクルがあり、今ある髪が全て生え変わるまでには3~5年ほどかかることになります。

 

メラノサイトの働きが改善してくれば、新たに生えてくる白髪は少しずつ減ってきますが、今生えている白髪が黒くなることはありません。

 

今生えている白髪を黒くするためには白髪染めによる対策を取る必要があります。

 

白髪染めは髪や頭皮を傷めないものを選ぶ

ドラッグストア

白髪染めを使うときにはその選び方も大切です。特に、メンズ○○○などドラッグストアでよく見かけるヘアカラータイプの白髪染めを使うときには注意が必要です。

 

ヘアカラータイプの白髪染めは、アルカリ剤でキューティクルを開いて酸化染料を流し込むため、強い染毛力があり色落ちもしないというメリットがあり、今すぐに髪色を変えないといけないときには便利ですが、髪や頭皮へのダメージを避けることができません

 

ヘアカラーは髪や頭皮へのダメージを考えても長期的に使用することは望ましくないと言えます。

 

またヘアカラータイプは1剤と2剤を混ぜ合わせて使うものが一般的ですが、2剤には1剤の酸化染料を化学反応させるために「過酸化水素」が入っていますが、ヘアカラーを使い続けることで、過酸化水素が髪に蓄積されることが分かっています。

 

アメリカの学会連合であるFASEBジャーナルでは、蓄積された過酸化水素が白髪の原因になるというメカニズムが研究結果として発表されています。
出典:FASEBジャーナル(実験生物のためのアメリカの学会連合)

 

髪の悩みが増える40代男性には絶対カラートリートメント

白髪染めをする男性

40代になってくると、男性の多くは白髪だけでなく、抜け毛や髪のボリュームダウンなど、さまざまな髪の悩みが増えてきます。そのため、白髪染めを選ぶときは少しでも髪や頭皮を傷めないものを選びましょう。

 

男性向けにはまだまだヘアカラータイプの白髪染めが主流ですが、髪や頭皮を傷めないヘアマニキュアやカラートリートメントタイプの白髪染めも少しずつ販売されるようになってきました。

 

特にカラートリートメントは髪の悩みの増える40代男性にはオススメの白髪染めです。

 

カラートリートメントには、トリートメント成分が配合されており、白髪を染めながら髪のダメージをケアする効果も期待できます。私自身もカラートリートメントを普段使いしていますが、髪を染めた後には髪がふっくらと立ち上がるのを実感しています。

 

普段の生活習慣を見直すことで体の内部から白髪予防につなげつつ、今生えている白髪は髪や頭皮を傷めないように気を付けながら白髪染めで対策をしましょう。

 

実際に使って良かったカラートリートメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ