メンズ男性用白髪染め

【教えてもらう前と後】白髪&抜け毛を改善する方法

教えてもらう前と後

TBSの番組「教えてもらう前と後」で白髪&抜け毛を改善する特集が放映されていました。

 

白髪や抜け毛の要因や抜け毛を減らすシャンプー方法・ドライヤー方法、白髪・抜け毛の改善につながる簡単運動など、興味深い内容もありましたのでご紹介します。

 

番組名:教えてもらう前と後
知らないとコワイ!冬の白髪&抜け毛解決SP
冬こそ知らないとコワイ!髪の2大トラブル対策を、医師の友利新先生に教えてもらう。 ▼抜け毛に悩む4人の毛髪チェック ▼頭皮をキレイにさっぱりさせる正しいシャンプー法とは? ▼正しい髪の乾かし方とは!? ▼白髪とストレスの関係性とは!? ▼白髪を抜いたら白髪は増えるの?


白髪の疑問

白髪に関する疑問について、医師の友利新先生が解説。

 

白髪を抜くと白髪は増える?

白髪を抜くと白髪が増えると言われていますが、本当に増えるのでしょうか。

 

答え:白髪を抜いても白髪は増えません。

 

髪の毛は元々は白い状態で、メラニン色素の働きによって髪が黒く生えてきます。

 

白髪の原因は、このメラニン色素の働きが低下してきたものなので、白髪を抜いても白髪を増やすことにはなりません。

 

ただし、白髪を抜くと頭皮にダメージを与えてしまうことにもなり、白髪は抜かずに、髪の根元からハサミでカットしましょう。

 

ストレスで白髪は増える?

苦労しているときに白髪が増えたり、仕事や人間関係などストレスがあると白髪が増える気がします。白髪とストレスに関係はあるのでしょうか。

 

答え:ストレスで白髪は増えます。

 

ストレスは自律神経のバランスを崩し血行不良の原因になります。

 

血行が悪化し、頭皮に必要な栄養が行き届かなくなれば白髪を増やす原因になります。

 

白髪になっても黒髪に復活することはあるの?

昆布のトリートメントを使ったり、鉄分を取って白髪を改善しようとしていますが、白髪になっても黒髪に戻すことはできるのでしょうか。

 

答え:白髪を黒髪に戻すことは可能です。

 

何らかの要因で血流不足になり、メラニン色素の働きが一時的に停止しているのであれば、血流不足を改善することで白髪を改善できる可能性があります。

 

ただし、メラニン色素の働きをどうすればオンにできるのか・どういうふうにオフになるのかは現時点で解明できていません。

頭皮をキレイにさっぱりさせる正しいシャンプー法

正しいシャンプーの仕方

天皇陛下の元・理髪師でもあるヘアサロンOHBAの大場隆吉氏がシャンプー・ドライヤーの方法をチェックして解説。

 

多くの人が正しいシャンプーやドライヤーの仕方を知らず、間違った方法で、白髪や抜け毛を増やしてしまっている人も多いようです。

 

 

正しいシャンプー・ドライヤー方法のポイント

  • シャンプーをつける前にしっかり予洗いをする
  • シャンプーは髪の毛に空気を含ませてよく泡立てる
  • シャンプーは髪の毛を洗うのではなく頭皮を洗う
  • すすぎの時間は洗う時間の2倍を目安に
  • 髪を洗った後はなるべく早く乾かす

 

シャンプーをつける前にしっかり予洗いをする

シャンプーをつける前に、まずはお湯だけで予洗いをします。

 

予洗いで3分ほど流せば、汚れの7割を落とすことができます。

 

シャワーは39度くらいの温度で、頭皮から約5cmほど離して流します。

 

あまりシャワーの温度が高すぎると必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

シャンプーは髪の毛に空気を含ませてよく泡立てる

シャンプーを手に取ったら、髪の生え際から頭頂部に滑らせるように洗っていきます。

 

髪の毛を泡立てネットのようにして、空気を含ませるように洗うと、きめ細かい泡になり、頭皮の皮脂をきれいに落とすことができます。

 

シャンプーは髪の毛を洗うのではなく頭皮を洗う

シャンプーは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うことを意識します。

 

頭皮を洗うときは、ツメを立てたりせず、指の腹を使って、頭皮に密着させて揉み込みます。

 

頭皮はデリケートな部分なので、腿を触るような強さで優しく洗います。

 

すすぎの時間は洗う時間の2倍を目安に

すすぎ残しがあると、頭皮に汚れや皮脂が残ってしまう原因になります。

 

洗い残しが出ないように、洗う時間の2倍くらいの時間をかけてすすぎます。泡を感じなくなってから1分以上を目安にします。

 

髪を洗った後はなるべく早く乾かす

髪を洗った後は、そのまま自然乾燥させるのではなく、ドライヤーを使ってなるべく早く乾かします。

 

髪の毛や頭皮に水分が残っていると、雑菌が繁殖しやすく、頭皮の炎症や痒みの元になってしまいます。

 

乾かすときは、ドライヤーを頭皮から20cm以上離します。

 

ドライヤーの温度は平均で100℃~110℃くらいの高温なので、髪や頭皮に近すぎるとダメージを与えてしまうことになります。

 

20cmほど離せば、温度は60℃~70℃程度にまで下がるので、ダメージを抑えることができます。一ヶ所に集中的に熱を加えず、ドライヤーを動かしながら乾かします。

 

髪の毛が8割ほど乾いたら、ドライヤーを冷風に切り替えて使うと、髪の毛のツヤや手触りがよくなります。


白髪・抜け毛の改善につながる簡単運動

白髪や抜け毛の大きな要因は「頭皮の血行不良」です。

 

毛細血管は血管全体の90%以上を占め、その長さは10万Km、地球約2週半分もあります。

 

ヒトの体の隅々に通っており、体中の細胞に必要な酸素や栄養を送り届けています。

 

しかし、血行が悪化し体の末端部分に血液が流れなくなり、徐々に毛細血管が消えてしまう「ゴースト血管」になってしまうと、酸素や栄養を送り届けられなくなり、白髪や抜け毛を増やしてしまうことになります。

 

ゴースト血管は、偏った食生活や運動不足などが原因になりますが、ある簡単な運動を続けることで改善することができます。

 

白髪・抜け毛の改善に「かかと落とし運動」

かかと落とし運動

ゴースト血管を改善する運動は「かかと落とし運動」です。

 

背筋を伸ばしてつま先立ちをしたら、かかとに体重をかけてすとんと落とします。

 

これを1日30回続けるだけです。

 

この運動によって、ふくらはぎを鍛え、全身の毛細血管を活性化させます。

 

簡単な運動なので、白髪や抜け毛が気になる方は是非やってみてください。


条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ