メンズ男性用白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加

グローリンワンクロスはどんな白髪染め?

グローリン・ワンクロス
価格:5,800円(税別)
(1回あたり約720円

初回3,780円で買えます!

公式サイトはコチラ
(商品は男女兼用です)

染め時間 シャンプー時間のみ
添加物 無添加(ジアミン・タール系色素・パラベン・鉱物油・酸化剤・シリコーンを使用せず)
匂い 淡いアロマの香り
刺激 特に刺激なし
容量 100ml
タイプ カラーシャンプー
カラー 2色
リアルブラック、ナチュラルブラウン

※使用回数はトップの長さ10cm、サイドの長さ4cm、柔らかめの髪の毛で試したものです
 髪の毛の長さや髪質によっても使用量は変わりますので目安としてご覧ください


「グローリン・ワンクロス」は・・・

グローリン・ワンクロスは、シャンプーのように髪を洗いながら同時に白髪も染められる白髪染めシャンプーです。

しかもシャンプータイプでありながら、週に1回シャンプーするだけで髪色をキープできるという画期的な白髪染めです。

 

ケラチン・シルク・ヘマチンが配合されており、白髪ケアと併せて、髪を修復することでハリやコシを与え、髪をフンワリとする効果も期待できます。

 

週に1回、シャンプーして洗い流すだけと、使い方はとっても簡単。放置時間も不要ですので簡単かつ時短で白髪ケアができます。

 

アミノ酸シャンプーで刺激性の成分も添加されず、髪や頭皮へのダメージがなく薄毛・抜け毛の要因にもなりません。頭皮の弱い人でも安心して使えます。

 

■メーカー:株式会社ソシア
■ホームページ:http://www.socia-group.com/str/goc_online.html

グローリンワンクロス使用体験談・レビュー

グローリンワンクロスを実際に使用してみた

 

白髪染めシャンプーと言えば、代表的なのがサスティの「利尻カラーシャンプー」。非常に使い勝手の良い白髪染めで、「利尻ヘアカラートリートメント」と併用して使うことが多いのですが、「利尻カラーシャンプー」は基本的には毎日使って染めていく商品です。

 

髪に色が入った後は毎日使う必要はありませんが、それでも2~3日に1回使って髪色をキープしています。

 

「グローリンワンクロス」は、公式サイトの説明によると、1回のシャンプーで染まり、1週間ごとの使用で髪色がキープできるとのこと。

 

これが本当なら、白髪染めの手間が大きく省けるのではないかと期待できます。

 

実際に1回で染まるのか、色持ちはどうか、など使い勝手や染まり具合などリアルな使用感を体験レポートします。購入をお考えの方がいましたら参考にしてみてください。

 

グローリンワンクロスが届きました

グローリンワンクロス到着

 

グローリンワンクロスのカラー設定は、リアルブラックとナチュラルブラウンの2色。

 

カラーごとの染まり具合も見たいので両方のカラーを取り寄せましたが、今回はリアルブラックで試してみました。

 

グローリンワンクロスと利尻カラーシャンプーを並べてみました

 

公式サイトを見ているときは気にしていませんでしたが、実際に手元に届いてみると、思ったよりもサイズは小さいです。

 

内容量を見ると100mLしか入っておらず、利尻カラーシャンプーと並べると、これくらいサイズ感が違います。利尻は200mL入っているので半分ですね。少ない。。。

 

シャンプーの色や匂いは?

グローリンワンクロスのテクスチャー

 

シャンプーを手に取ります。
シャンプーは一般的な白髪染めシャンプーと同じく真っ黒です。

 

匂いは、フローラル系の香りが漂いますが、甘い淡い香りです。
白髪染めにありがちなツンっとしたような匂いはなく、苦手な人は少ない匂いかなと思います。

 

シャンプーは水ぽくサラサラです

グローリンワンクロスはサラサラの液体タイプ

 

シャンプーは粘性が低く、かなり水ぽくサラサラ、シャンプー感はあまりありません。
ちょっと油断すると垂れてしまいそうです。

 

グローリンワンクロスの泡立ちは?

 

グローリンワンクロスを泡立てているところ

 

普段のシャンプーと同じようによく泡立てます。市販されている強力洗浄シャンプーと比べれば泡立ちは弱いですが、アミノ酸系シャンプーにしては意外に泡立ちはよく、しっかり洗うことができます。
泡立ちネットを使うとあまり量を使わずに泡立てられます。

 

洗い流したところ

 

シャンプータイプですので、シャンプーをして髪や頭皮を洗うのと同時に手や指も洗われます。
よく泡立ててシャンプーをした後に普通に洗い流せば、手に色はほとんど残りません。

 

多少ゴワつく洗いあがりながら乾かすとサラサラ

グローリンワンクロスでシャンプーをしているところ

 

洗っているときは、色以外は普通のシャンプーと変わりません。

 

一点注意。どの白髪染めシャンプーでも注意が必要ですが、あまり激しくこすりながら洗うと染料を含んだ泡が周りに飛び散り色が付いてしまいます。もちろんシャワーで流せばすぐに落ちますが要注意ポイントです。
すぐにコツがつかめますが、揉み込むように洗うとほとんど飛び散ることはありません。

 

洗っているときは多少髪がきしんでゴワつく感じがありますが、ドライヤーで乾かした後は髪はサラサラになっていました。


グローリンワンクロスは染まる?染まらない?染まり具合は?

染める前の白髪の状態

染める前の白髪状態

 

シャンプー前の状態です。1ヶ月近く白髪染めを休んでいるので白髪が目立っています。
耳の上側からこめかみ辺りにかけては白髪まみれに近い状態です。
頭頂部付近にも長めの白髪がかなり目立っています。
髪をかき分けてみても白髪だらけです。

 

1回目の染まり具合は?

1回シャンプーを使った状態

 

ドライヤーで乾かしてみた後の状態です。

 

白髪が分からなくなるぐらいの染まりには程遠いですが、全体的に白髪は目立ちにくくなっています。
周りの人にも確認してもらいましたが、白髪があることは全然分かりますが、白髪のキラキラが少し抑えられ、遠目には白髪が減ったように見えるようです。

 

白髪染めシャンプーを使って、1回目から髪色の変化を感じられたのは今回がはじめて。
ほとんどの白髪染めシャンプーが数回使ってはじめて色付いてくることを考えれば、染毛効果の高さを評価しても良さそうです。

 

この後、1週間ごとに使ってみましたが、少しずつ色がついてくる感じです。
ただ、白髪染めシャンプーですので仕方のないところですが、ボトル1本で8回ほど使っても、白髪は最後まで真っ黒になることはありませんでした。
※白髪染めシャンプーの中では、染毛力は一番高いと感じます。

 

リアルブラックとナチュラルブラウンの染め比べ

自分の髪では、リアルブラックを使って染まり具合を調査しましたが、分かりやすいように人毛サンプルを使ってリアルブラックとナチュラルブラウンの染め比べをしてみました。回数ごとの染まり具合も分かりやすいと思います。

 

1回目から比較的よく染まっています

カラー比較(1回目)

 

左がリアルブラック、右がナチュラルブラウンです。
1回目ですが、白髪染めシャンプーにしては比較的よく染まっています。

 

2回目できれいに染まっています

カラー比較(2回目)

 

2回目でここまで染まっています。
リアルブラックは、ブラックというよりもダークブラウンに近いカラーです。
どちらのカラーも染めた感はなく、自然な色合いに染まっています。

 

3回目以降は染まりに大きな変化なし

カラー比較(3回目)

 

こちらは3回目の状態です。
ナチュラルブラウンでは少し濃くなりましたが、どちらも2回目に染めたときとあまり色合いは大きく変わっていません。
この後も2回染めてみましたが、染まり方はほとんど変わりませんでした。

 

※ブリーチした人毛サンプルとブリーチしていない地毛では染まり方に違いがあります。
健康的な髪ではここまで濃くは染まりません。あくまで色味のご参考に。

グローリンワンクロスの口コミ・利用者の声

使用レビューで雰囲気はつかめてもらえたのではないでしょうか。
他の人がどのように感じているのか、口コミも見ていきましょう。
ネット情報や周りで実際に使用した方のインタビューを集めました。

 

悪い口コミ

50代男性

白髪染めの効果はほとんどありませんでした。
ボトル1本1ヶ月で使いましたが、ちょっと色が着いたくらい。驚くほど染まらない商品でした。
泡立ちも悪くシャンプーとしての機能も低い。

40代男性

1回で染まるとのことで期待して使いましたが、1回では大きな変化は見られず。
ちょっとずつ染まってきますが、普通の白髪染めのような染まり方を期待するとがっかりします。

40代男性

市販の白髪シャンプーから変えて使ってみました。
短期間で白髪を目立たなくするにはぴったりですが、値段が高すぎです。

 

良い口コミ

40代男性

洗うだけなので手軽に使えます。シャンプー後に少し放置してから洗い流すと色が残りやすいようです。

50代男性

販売ページに書かれているようには全然染まりませんが、白髪ぼかしのような気持で使っています。
白髪染めの変な匂いはなく良い匂いがします。

 

口コミ・利用者の声から分かったこと

一般的な白髪染めの染まり方をイメージして使うと期待外れの結果になることが多いようです。シャンプータイプの白髪染めですので、完全に白髪を染めることはできず、白髪を目立たなくする商品と理解して使った方が良いと思います。
アミノ酸系シャンプーのため、普段市販のシャンプーを使っている場合には、泡立ちが悪い・洗いにくいと感じる方もいるようです。
価格面で高いという評価も。週1回の使用で済むとはいえ、サイズと価格で見ればやや高い印象は仕方ないかもしれません。

 

白髪ぼかしのような使い方など、手軽に白髪に色付けできる使い勝手の良さは評価されているようです。
匂いについては良い評価が多いようです。

グローリンワンクロスの成分

グローリンワンクロスの成分

 

水、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ラウレス-4カルボン酸Na、テトラオレイン酸ソルベス-60、アシル(C12,14)アスパラギン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、褐藻エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、グルコシルヘスペリジン、ヘマチン、ラウルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、キハダ樹皮エキス、アロエベラ葉エキス、ダイズ種子エキス、レモン果実エキス、サトウキビエキス、チャ葉エキス、ユズ果実エキス、アカヤジオウ根エキス、ローズマリー葉エキス、ボタンエキス、シャクヤク根エキス、マドンナリリー根エキス、ヒアルロン酸Na、キトサンサクシナミド、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、BG、デキストリン、塩化Na、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-11、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、ソルビン酸K、フェノキシエタノ-ル、エタノ-ル、香料、(+/-)塩基性茶16、塩基性青75、塩基性青99、塩基性赤51、塩基性赤76、塩基性黄57、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、HC黄4

 

添加物チェック表

ジアミン パラベン タール系色素 シリコン 合成香料
未使用 未使用 未使用 未使用 使用

グローリンワンクロスはこんな白髪染め

グローリンワンクロス

シャンプーしている様子

 

グローリンワンクロスのココがポイント

  • シャンプータイプなのに1回目から染まる
  • 週1回のシャンプーで白髪ケアができる
  • 無添加なので髪や頭皮を傷めずに染められる

グローリンワンクロスはこんな男性にオススメ

  • 白髪染めの放置時間が面倒と感じる男性
  • 白髪を徐々に目立たなくしたい男性
  • 髪や頭皮を傷めずに白髪ケアをしたい男性

 

グローリンワンクロスを試した感想

評価する男性

白髪染めシャンプーは、普段使っているシャンプーに替えて髪を洗うだけで白髪も染まるので、とにかく手間がかからず楽なのが特徴です。

 

グローリンワンクロスはシャンプータイプの中でも染毛力が高く、さすがに一度では染まりませんが、数回使用すれば白髪が目立たなくなってきます。

 

シャンプーだけで髪を傷めずに染められて放置時間も不要。白髪染めトリートメントと白髪染めシャンプーのいいとこ取りのような商品ですが、ネックは価格面

 

公式サイトでは、ボトル1本で4回分(約1ヶ月分)と書かれていますが、男性のショートであれば7~8回くらい使えると思います。ただ8回使えるとしても1回あたりのコストは725円にもなり、コスト負担は大です。

 

楽を取るか、安さを取るか、悩ましいところですが、この辺はお財布と相談になります。

 

またもう一点。シャンプータイプは毎日(あるいは1日置きに)使うことで、新しく生えてくる生え際白髪のケアができる点も実は大きなメリットです。週1回使うシャンプーであれば、生え際ケアができるシャンプータイプのメリットがなく、それであれば放置時間が必要になっても安くしっかり染められるヘアカラートリートメントの方が使いやすいようにも感じます。

 

コストや生え際ケアの面で課題はありますが、「グローリンワンクロス」は週1回のシャンプーだけで白髪ケアができる唯一の商品。手間の少なさは何よりも魅力です。

 

公式サイトを見ると女性向け商品のようですが男女兼用です。手間がかからず、また白髪を完全に隠してしまわず自然に目立たなくできるので、どちらかといえば男性向きの白髪染めだと思います。

 

 

▼初回限定キャンペーン実施中!初めての方はこの機会にどうぞ!

公式:グローリンワンクロスの詳細・購入はコチラ

 

よく見られている関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ