男性の白髪染め

DHC Q10プレミアムカラートリートメント使用体験レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

DHC Q10プレミアムカラートリートメント

健康食品のDHCから発売されている「DHC Q10プレミアムカラートリートメント」を取り寄せて使ってみました。

 

DHCはミネラルやビタミンなどサプリメントでも普段からよく利用してるメーカーですので馴染みがあって安心です。

 

このDHC Q10プレミアムカラートリートメントは、従来商品のクイックカラートリートメントから仕様変更されたリニューアルタイプ。今回のリニューアルでは、染料バランスの変更(青カラーの強化)やトリートメント効果のパワーアップがされているようです。

 

リニューアルされたDHC Q10プレミアムカラートリートメントの使い勝手や染まり具合などリアルな使用感を体験レポートします。購入をお考えの方は参考にしてみてください。

 

DHC Q10プレミアムカラートリートメントが届きました

DHC Q10プレミアムカラートリートメントが届きました。

 

カラーは、これまでの「ブラック」「ダークブラウン」「ライトブラウン」の3色に加え、新色の「ブラックブラウン」が追加されています。

 

前回の商品でブラックが使いやすかったので、今回もブラックを選択。もう少し明るい髪色を希望する方には、新色のブラックブラウンも使いやすそうです。

 

DHC Q10プレミアムカラートリートメント到着

 

コエンザイムQ10配合が売りの商品なのでパッケージにも大きくQ10と記載されています。

 

容量は235g。一般的なカラートリートメントに比べても容量多めなのがGoodです!

 

取扱説明書

 

説明書は、箱の中に入れられている1枚だけです。使用方法や塗布量の目安、きれいに染めるポイントやパッチテストの方法などが記載されています。

 

ショートの髪の長さでピンポン玉1個程度が塗布量の目安ですので、自分の髪ならピンポン玉半分強くらいで良さそうです。

 

白髪染めスタート

それでは白髪染めを始めます。

 

染める前の状態です。
前回の白髪染めから3週間ほど経過しているため、全体に白髪が目立っています。
写真では分かりにくいですが、頭頂部の分け目を中心に、長めの白髪が生えてきています。

 

染める前の状態

 

パッチテストは、アレルギー体質や敏感肌の場合は実施したほうが良いとのことですが、体質的に問題もなく、旧商品でも利用済みなので、今回はパスしました。

 

DHC Q10プレミアムカラートリートメントは、シャンプー後のトリートメント替わりに使うタイプなので、染める前にシャンプーをして、タオルで水気をとります。

 

今回は、20枚入りの手袋が付属されていたので、その手袋を使って染めることにしました。
※手袋は、女性向けに作られているためか、かなり小さめです。ゴムですので伸縮性はありますが、手の大きな男性にはちょっと使いにくいかもしれません。

 

染料を手に出します

 

ピンポン玉半個分ほどを手の平に出します。いかにもブラックという感じではなく、マットな質感でよさそうな色合いです。

 

硬めのテクスチャーで傾けても垂れてくることがなく、塗りやすいちょうどいい硬さです。

 

匂いは少し強めです。リニューアル前の化学的な匂いに比べると、少し柑橘ぽい匂いになり使いやすくなっていますが、それでも匂いは少し強めに感じます。

 

髪全体に塗っていきます

 

両手で染料を広げて、髪全体に塗っていきます。前回の白髪染めから日数が空いて白髪もかなり目立っていたので、今回はちょっと多めに塗ってみました。

 

コームで染料を馴染ませていきます

 

髪全体に塗ったら、付属のコームを使って、ムラにならないように髪に馴染ませていきます。寝かせて使うと染料をそぎ落としてしまうので、頭皮に対して90度に立てて使うとうまく馴染むようです。

 

ブラシで重ね塗り

 

最後に、コームの反対側に付いているブラシを使って、こめかみや頭頂部の分け目など、白髪の目立っていた生え際部分に重ね塗りをしていきます。

 

DHC白髪染めトリートメントの1回目の染まり具合は?

1回目の染まり具合

 

1回目は放置時間10分で洗い流しました。

 

ドライヤーで髪を乾かして、分け目の白髪を確認すると、少し色付いていますが、白髪はまだ染まりきっていませんでした。

 

DHC白髪染めトリートメントの3回目の染まり具合は?

3回目の染まり具合

 

3回目の染まり具合です。2回目と3回目は放置時間5分にしています。

 

白髪の目立っていた分け目を見ても、白髪もきれいに染まっています。

 

染まった色味も地毛と違和感なく馴染んでいます。

 

DHC白髪染めトリートメント 新旧商品の染まり方を比較

新旧の染まり具合比較

 

人毛を使った染まり具合の比較です。
左が旧商品のクイックカラー、右が新商品のプレミアムカラー。

 

いずれもカラーは「ブラック」を使って3回染めた後の状態ですが、旧商品の方が赤みがかった色合いです。新商品は青系のカラーが強化され、きれいなブラックに染まっています。

 

DHC Q10プレミアムカラートリートメントを試した感想(総評)

評価する男性

リニューアル前後両方の商品を使っていますが、リニューアルされて、色味が落ち着いた上に、一度の染まり具合も良くなったように感じます。

 

1回目の使用では少し白髪が残っていますが、3回ほど使うと白髪はほとんど目立たなくなっています。今回のリニューアルでは放置時間も5分に短縮されていますが、しっかりとカラーを定着させるためにはもう少し長めに放置時間をとったほうがいいかと思います。

 

色持ちは実測で約3~4日。週に1~2回の染め直しが必要なのはややストレスかもしれません。

 

色持ちは弱めですが、DHC Q10プレミアムカラートリートメントの良かった点は、トリートメント効果の高さです。コエンザイムQ10などの美容成分によるものかと思いますが、使った後はコンディショナーやリンスを使わなくても髪がつやつやになっていました。

 

リニューアル前もトリートメント効果の高い白髪染めと感じていましたが、リニューアルされてさらにパワーアップしているようです。ワックスで整髪しても髪の立ち上がりが良いように感じます。

 

容量も多く、価格も比較的リーズナブル(リニューアルで少し値下げされました)なので、試しやすいと思います。コンディショナー替わりに手軽に使えますので、一度お試しください。

 

公式:Q10カラートリートメントの詳細・購入はコチラ

(商品は男女兼用です)

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性白髪染めランキング


このページの先頭へ戻る