男性の白髪染め

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント使用体験レポート

  このエントリーをはてなブックマークに追加

LPLPヘアカラートリートメント

LPLP(ルプルプ)を実際に使用してみました。こちらも利尻ヘアカラーと同じ昆布のフコイダン成分を配合した白髪染めで、口コミもなかなか良さそうです。

 

使い勝手や染まり具合などリアルな使用感を体験レポートしていますで、購入をお考えの方がおられましたら参考にしてみてください。

 

※2017/12に商品リニューアルされましたので、新商品で記事を更新しています。

 

LPLP(ルプルプ)が届きました

内容は、LPLP本品のほか、簡単な使用説明書と冊子、ヘアキャップ。意外とシンプルです。
カラーはダークブラウン、ブラウン、ソフトブラック、モカブラウンの4色ありますが、会社で目立つと困るので一番自然な髪色に染まるモカブラウンにしました。
LPLP(ルプルプ)到着

 

想像していたより意外と大きいサイズです。利尻ヘアカラーと比べるとこんな感じです。(容量はどちらも200gです)
意外と大きいですね

 

敏感肌・アレルギー体質の人はバッチテストが必要と書いてあります。今まで他の白髪染めでアレルギーが出たことはありませんのでパッチテストはパスしました。

 

それでは白髪染めスタート

使い方は基本的に利尻ヘアカラートリートメントと同じですが、違いはシャンプー。
LPLPでは色が定着するまではシャンプーをせずに染め始めます。

 

一応、白髪染めをするときはワックス等は落としておきたいので、朝にシャンプーをしておいて、昼食後に白髪染めをスタートしました。

 

もちろん素手でも使えますが、そのまま使うと爪のすきまに入ってしまいます。
しっかり洗えば落ちますが面倒なので、今回は手袋を着用しました。

 

染料は昆布のネバネバ成分で粘りがあります。リニューアル前はかなり硬めのテクスチャーでしたが、リニューアルされて柔らかくなりました。
垂れてこず、髪全体にも塗りやすいちょうどよい硬さです。
LPLPを手に取ったところ

 

髪の毛全体に塗り込みます

普段は利尻ヘアカラーを使っていますが、今回は前回の白髪染めから1ヶ月弱くらい経過の状態。耳上の両サイドと頭頂部に白髪が少し目立ってきています。
髪全体に塗り込みます

 

染料をしっかりと髪全体に塗っていきます。無添加なので頭皮の刺激もなく嫌な匂いもありません。白髪の多いところや生え際は特に念入りに。

 

まずは髪全体に揉み込むように染料を塗っていきます。
ヘアカラーと違い多少地肌に付いても大丈夫なので気楽に染められます。
※あまりべったり地肌に塗ってしまうと地肌が染まる場合があります

 

塗り込んだあとはヘアキャップでカバー

全体に染料を塗り込んだら付属されているヘアキャップをかぶってカラーを定着させます。
上から蒸しタオルやアルミキャップで保温するとさらに染まりがよくなるようです。
ヘアキャップでカバー

 

20分ほど放置してしっかり洗い落とします

20分ほど髪になじませたあと、シャンプーできれいに洗い落とします。
まだ半乾きで分かりにくいですが、思った以上にきれいに染まりました。
染まりました

 

説明書では、色がしっかり定着するまで3回くらい使用しないといけないようです。
使用説明書

 

LPLP(ルプルプ)を試した感想(総評)

使用説明書では、3回くらい染めないとしっかり色が付かないと書いていましたが、普段から白髪染め(利尻ヘアカラー)を使っているためか1回でも割りときれいに染まっています。

 

リニューアル前はダークブラウンを使っていましたので単純比較はできませんが、リニューアルされて確かに染まり具合は改善されているようです。使ったあとのトリートメント感もかなりいい感じです。洗い流したあと髪がつやつやしています。

 

染まり具合もトリートメント効果も悪くないのですが、週に1~2回染めないといけないらしいので、コスト的にも手間的にもちょっと厳しいかな、という感じがします。せめて2週間くらい持ってくれればいいのですが。。。継続使用は色持ちを見ながら検討したいと思います。

 

(追記)カラーごとの染まり具合比較

モカブラウンを使ってレポートしましたが、後日ソフトブラックとダークブラウンを再購入して染めた色合いを比較してみました。
美容院などで使われている人毛サンプルを使って、それぞれの染まり具合を見ていますので参考にしてみてください。

 

1回目の染まり具合

放置時間30分。昨年改良版が販売されていて染毛力がアップしています。
1回目でもしっかりと色は付いていますが、まだまだ薄い状態です。
左から、ソフトブラック、モカブラウン、ダークブラウン。
1回目の染まり具合

 

3回目の染まり具合

1回目を含め3日連続で使用。放置時間20分。
ソフトブラック(左)とモカブラウン(中央)はほぼ期待通りのカラーに染まってきました。ダークブラウン(右)はまだ薄めです。
3回目の染まり具合

 

3週間後の染まり具合

最初3日連続で使用した後、1週間に一度使用した状態です。使用回数は6回。
普段の自分の髪の毛と同じように、染めていない日はシャンプーで疑似的に洗っていますので少し色落ちしていますが、比較的きれいに色が残っています。

 

ソフトブラック(左)は真っ黒というよりはかなり濃いダークブラウンといった状態です。利尻ヘアカラートリートメントのブラックと比較すると赤みが強いです。
モカブラウン(中央)はきれいなベーシックなブラウンといった色合いです。
ダークブラウン(右)はかなり明るく、ライトブラウンに近い色合いです。
3週間後の染まり具合

 

(追記)LPLP(ルプルプ)を試した感想 その2

人毛だけでなく地毛でも染めてみましたが、私の髪にはソフトブラックが色馴染みは一番でした。少し赤みが強いので好みが分かれるかもしれません。

 

下の写真の、左がLPLPのソフトブラック、右が利尻のブラックです。同じブラックでも色味が少し違っています。赤みが気になる方は、利尻ヘアカラートリートメントのブラックを選んでいただくと良いでしょう。
利尻とLPLPの比較

 

地毛がブラウン系の方であれば、モカブラウンが使いやすいと思います。LPLPも利尻もダークブラウンは少し明るめのカラーですので、男性であれば暗めのブラウンに染まるモカブラウンが使いやすいと思います。

 

放置時間の長さは相変わらずですが、改良版になって一度の染まりは非常に良くなっています。前は3~4日で色落ちが気になっていましたが、色持ちも長くなっています。

 

初回購入限定ですが、キャンペーン価格1,980円で購入できますので、一度お試しください。

 

公式:LPLP(ルプルプ)の詳細・購入はコチラ

(商品は男女兼用です)

 

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加

男性白髪染めランキング


このページの先頭へ戻る