男性の頭皮ケア

リンスで頭皮環境を悪化させていませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

リンスを手に取る男性

毎日シャンプーをした後に、リンスを使っている方も多いと思います。

 

当たり前のように使っているリンス。もしかするとその普段使っているリンスが頭皮環境を悪化させてしまっているかもしれません。

 

せっかく髪のためにと思って使っているリンスが、結果的に白髪を増やしてしまっていたり、抜け毛の一因になっていたら、そんな残念なことはありません。

 

そのようなことになっていないか、リンスの役割を再確認し、正しくリンスを使えているか、リンス方法のチェックをしてみましょう。

 

リンスの役割

シャンプーとリンス

リンスは英語では「rinse」。英和辞典で意味を見ると「すすぐ、ゆすぐ」と書かれています。

 

元々のリンスの役割は「アルカリに傾いた髪の中和」。
昔のシャンプーは石けんのようなアルカリ性の成分でできていました。髪は弱酸性でアルカリ性に傾くとキューティクルが緩んで開きやすくなる性質があります。

 

キューティクルが開いたままだと、髪内部の水分や栄養が流出しやすくなったり、外部からの刺激を受けて髪が傷みやすくなったりしてしまいます。そのためアルカリ性に傾いた髪を中和するために、シャンプー後に酸性であるリンスですすぐ必要がありました。

 

現在では、シャンプーの品質も変わり、それに合わせリンスの役割も変わってきました。

 

現在のリンスは、髪の毛の表面を薄い油性の膜でコーティングし、シャンプー後の髪のきしみを減らし、キューティクルを保護することが大きな役割です。そのほか静電気を抑える役割も持っています。

 

昔からの名残でリンスの名が残っていますが、最近ではコンディショナーの名前で売られていることも増えてきました。

 

リンスの油分は頭皮に悪影響

皮脂の詰まった頭皮

シャンプーと同じように、リンスも髪だけでなく頭皮にもつけていませんか?

 

リンスに含まれる油分の成分はポリマーやシリコンです。この油分が膜になり、髪の表面をコーティングする働きがありますが、この成分は頭皮にとっては必要なものではありません。

 

頭皮に付着してしまうと、油分が頭皮に残ってしまい、毛穴をふさいでしまったり、酸化して痒みや炎症の原因にもなってしまいます。頭皮環境が悪化してしまえば、白髪や抜け毛など髪トラブルを招いてしまうこともあります。

 

リンスはなるべく頭皮につかないように使い、頭皮についてしまったときは、リンスの油分が残らないように念入りにすすいで洗い落としましょう。


リンスの正しい使い方

リンスが頭皮に付着しないように、どのようにリンスを使うのが良いのかご紹介します。

 

シャンプーをしたら軽く水気を取る

シャンプーをして、髪・頭皮をよく洗い流したら、髪に残った水分を軽く取ります。
水分を取るのにタオルで拭くまでは必要ありません。両手で髪を撫でつけるように髪の水気を落とします。

 

軽く髪の水分を取っておくことで、リンスを使っても成分が洗い流されてしまったり、頭皮に流れてしまわないようにすることができます。

 

リンスを手に取る

リンスを手に取ります。
数回に分けて塗るので、1回量は少なめに取ります。回数の目安は3回程度。

 

リンスを手に取ったら手の平から指先までよく伸ばして髪に塗っていきます。
前髪~頭頂部、後頭部、サイドの3つのエリアに分けるようなイメージで、3回くらいに分けて塗ります。

 

なるべく頭皮に付着しないように、髪の根元の少し上から毛先に向けて手ぐしで髪に馴染ませていきます。

 

リンスを塗ったらすぐに洗い流します

リンスを髪全体に塗ったら、すぐにぬるま湯ですすぎます。

 

リンスは、トリートメントのように髪内部に成分を浸透させることはなく、髪に付着すると表面をすぐにコーティングしますので放置時間は不要です。

 

リンスには油分が含まれているため、すすぎ残しが出ないようにしっかり流します。頭皮にも油分が残らないよう念入りによく洗います。

頭皮にも使えるリンスが登場

健康な髪

リンスは頭皮につけない方が良いのですが、最近ではリンスも進化し、地肌につけて頭皮ケアのできるタイプも登場しています。

 

スカルプケア・コンディショナーなどと呼ばれていますが、頭皮についても問題がないだけでなく、むしろ頭皮につけて使うタイプのリンス・コンディショナーです。

 

頭皮の乾燥を予防するもの、髪のダメージを補修してハリやコシを与えるもの、頭皮の匂いを予防するもの、ヘッドマッサージとして使えるもの、など頭皮ケアに効果的な機能がついたリンス・コンディショナーが増えてきました。

 

健康な髪は健康な頭皮から。頭皮ケアを意識したリンス・コンディショナーを使うことで、元気な髪を育てることにつながります。

 

男性のスカルプケアに使いやすいスカルプケア・コンディショナーを有名どころから二つご紹介します。

 

スカルプD パックコンディショナー

スカルプD パックコンディショナー

 

【メーカー】 アンファー株式会社
【容量】 350mL
【価格】 3,900円

 

薬用シャンプーのスカルプDシリーズで有名なアンファーから販売されているスカルプケア・コンディショナーです。

 

シャンプー後に使用することで、頭皮にうるおいを与え髪のハリコシがアップ。また頭皮に活力を与えます。

 

スカルプD パックコンディショナーは、前髪がペタンと寝てしまったり、髪のコシやハリがなくなってきたなと感じる男性にオススメです。

 

スカルプD パックコンディショナーの詳細

 

アデノゲン スカルプケアコンディショナー

アデノゲン スカルプケアコンディショナー

 

【メーカー】 資生堂ジャパン株式会社
【容量】 400mL
【価格】 3,240円

 

資生堂の男性用スカルプケアブランド「アデノゲン」から販売されているスカルプケア・コンディショナーです。

 

シャンプー後に使用することで、頭皮に保湿成分をチャージします。

 

髪にハリ・コシを与え、健やかでボリュームのある髪に仕上げます。

 

髪の成長を後押しする効果の期待されるアデノシンMPが配合されています。

 

アデノゲン スカルプケアコンディショナーは、髪が細ってきたり、ボリュームダウンしてきたなと感じる男性にオススメです。

 

アデノゲン スカルプケアコンディショナーの詳細


このエントリーをはてなブックマークに追加

男性白髪染めランキング


このページの先頭へ戻る