メンズ男性用白髪染め

利尻カラーシャンプー成分鑑定

このエントリーをはてなブックマークに追加

利尻カラーシャンプーを成分鑑定

化粧品成分スペシャリストの資格を持つスタッフが、人気白髪染めシャンプー「利尻カラーシャンプー」の全成分を徹底鑑定。配合されている成分の想定される役割や働き、副作用やアレルギーのリスクなどの安全性など評価しています。

 

「利尻カラーシャンプー」は、1本にシャンプーと白髪染めの機能があり、毎日シャンプーをしているだけで白髪ケアもできてしまう便利アイテムです。

 

公式サイトでは無添加・アミノ酸系シャンプーで髪や頭皮にやさしいと謳っていますが、実際にどのような成分が配合されているのでしょうか。
本当に危険な成分は配合されていない?アレルギーリスクは大丈夫?トリートメント成分は?

 

評価の分類
○ ・・・ 一般的に安全性の高い成分
△ ・・・ 危険性は少ないものの注意を要する成分
× ・・・ 毒性や刺激があり使用を避けるべき成分

 

成分分類役割・働き評価
水(特殊水)水性成分ベース成分。
ラウラミドDEA界面活性剤非イオン(ノニオン)界面活性剤。乳化安定の働き。
コカミドプロピルベタイン界面活性剤ヤシ油を原料にした両性界面活性剤。増粘、増泡の働き。
ラウレス-4カルボン酸Na界面活性剤酸性セッケン系界面活性剤。洗浄成分。
ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン界面活性剤アミノ酸系両性界面活性剤。増泡の働き。
ポリクオタニウム-10界面活性剤カチオン(陽イオン)界面活性剤。帯電防止、ヘアコンディショニングの働き。
ココイルアラニンTEA界面活性剤アミノ酸系陰イオン(アニオン)界面活性剤。洗浄成分。
ココイルグルタミン酸TEA界面活性剤アミノ酸系陰イオン(アニオン)界面活性剤。洗浄成分。
ラウロイルメチルアラニンNa界面活性剤アミノ酸系陰イオン(アニオン)界面活性剤。洗浄成分。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa界面活性剤旭化成ファインケムの開発した成分(ペリセア)。髪のダメージ補修の働き。
PEG-32水性保湿剤多価アルコールの一種の合成ポリマー。保湿、増粘の働き。
PPG-3 カプリリルエーテル油性成分シリコーン由来の合成ポリマー。ヘアコンディショニングの働き。
リシリコンブエキス水性保湿剤利尻昆布から抽出されるフコイダン含有エキス。保湿、頭皮コンディショニング。
アルギニン水性保湿剤アミノ酸の一種。保湿の働き。
アルギン酸Na水性保湿剤昆布のヌルヌル成分を素にした成分。乳化安定、保湿の働き。
アルテア根エキス植物エキスアオイ科の植物アルテアの根から抽出したエキス。保湿、エモリエントの働き。
アルニカ花エキス 植物エキスキク科の植物アルニカの花から抽出したエキス。消炎、血行促進の働き。
エタノールその他合成アルコール。植物エキスを抽出するための溶媒の働き。
オオウメガサソウ葉エキス植物エキスイチヤクソウ科のオオウメガサソウの葉から抽出したエキス。保湿、消臭の働き。
オクラ果実エキス植物エキスアオイ科の植物オクラから抽出したエキス。保湿、細胞活性化の働き。
オタネニンジン根エキス植物エキスウコギ科の植物オタネニンジンから抽出したエキス。血行促進、細胞活性化の働き。
オドリコソウエキス植物エキスシソ科オドリコソウから抽出したエキス。収れん、消炎の働き。
オランダガラシ葉エキス植物エキスアブラナ科のオランダカラシから抽出したエキス。血行促進、細胞活性化の働き。
カミツレ花エキス植物エキスキク科の植物カミツレの花から抽出したエキス。消炎、保湿、養毛の働き。
カワラヨモギ花エキス植物エキスキク科の植物カワラヨモギの花から抽出したエキス。消炎、皮膚修復の働き。
クエン酸品質保持剤柑橘類の果実に多く含まれる有機酸。pH調整、キレート剤の働き。
グリチルリチン酸2K効能効果成分マメ科植物カンゾウから抽出したグリチルリチン酸の誘導体。抗炎症の働き。
ゲンチアナ根エキス植物エキスリンドウ科の植物ゲンチアナの根から抽出したエキス。血行促進、消炎の働き。
ゴボウ根エキス植物エキスキク科の植物ゴボウの根から抽出したエキス。保湿、収れんの働き。
加水分解シルク水性保湿剤シルクに含まれるタンパク質を加水分解してできる成分。保湿の働き。
セイヨウアカマツ球果エキス植物エキスマツ科の植物セイヨウアカマツの球果から抽出したエキス。収れん、保湿の働き。
セイヨウキズタ葉エキス植物エキスウコギ科セイヨウキズタから抽出したエキス。抗炎症、収れんの働き。
センブリエキス植物エキスリンドウ科の薬草センブリから抽出したエキス。抗酸化、血行促進の働き。
ニンニク根エキス植物エキスユリ科の植物ニンニクから抽出したエキス。細胞活性化、抗菌の働き。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムその他ヒアルロン酸をカチオン化した成分。保湿、帯電防止の働き。
フェノキシエタノール品質保持剤グリコールエーテルアルコールの一種。抗菌の働き。
フユボダイジュ花エキス植物エキスシナノキ科の植物フユボダイジュの花から抽出したエキス。抗炎症、収れんの働き。
プラセンタエキス効能効果成分豚、羊、馬の胎盤から精製水で抽出したエキス。保湿、血行促進、細胞活性化。
ボタンエキス植物エキスボタン科の植物ボタンの根の皮から抽出したエキス。抗炎症、血行促進の働き。
ポリクオタニウム-53界面活性剤カチオン(陽イオン)界面活性剤。帯電防止、ヘアコンディショニングの働き。
ポリクオタニウム-6界面活性剤カチオン(陽イオン)界面活性剤。帯電防止、ヘアコンディショニングの働き。
ポリクオタニウム-7界面活性剤カチオン(陽イオン)界面活性剤。帯電防止、ヘアコンディショニングの働き。
マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル品質保持剤油溶性成分の一種。高い抗酸化作用。退色防止、香料安定、酸化防止の働き。
ユズ果実エキス植物エキス柚子の果実から抽出したエキス。保湿、収れんの働き。
ローズマリー葉エキス植物エキスシソ科の植物マンネンロウの葉から抽出したエキス。エイジングの働き。
ローマカミツレ花エキス植物エキスキク科の植物カミツレの花から抽出したエキス。保湿、抗炎症の働き。
ローヤルゼリーエキス効能効果成分ミツバチが女王バチのために分泌する物質。保湿、皮膚の新陳代謝促進。
塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン界面活性剤じゃがいものデンプン由来のカチオン界面活性剤。帯電防止、ヘアコンディショニング。
加水分解ケラチン(羊毛)水性保湿剤ケラチンタンパク質を加水分解してできる成分。ヘア・頭皮コンディショニング。
加水分解コンキオリン水性保湿剤貝殻に含まれる硬タンパク質。細胞活性化、保湿の働き。
カキタンニン植物エキス柿の葉から抽出される成分。収れん、抗酸化、消臭の働き。
乳酸効能効果成分デンプンの発酵や化学合成でできる成分。保湿、エモリエントの働き。
乳酸Na水性保湿剤乳酸を水酸化ナトリウムで中和してできる成分。保湿の働き。
カプリル酸グリセリル界面活性剤非イオン(ノニオン)界面活性剤。乳化安定の働き。
ウンデシレン酸グリセリル界面活性剤非イオン(ノニオン)界面活性剤。乳化安定、抗菌の働き。
PEG-2ベンジルエーテル油性成分ベンジルアルコールのポリエチレングリコールエーテル。溶剤の働き。
コシロノセンダングサエキス植物エキスキク科コシロノセンダングサから抽出したエキス。保湿、抗炎症の働き。
ムラサキ根エキス植物エキスムラサキ科のセイヨウムラサキから抽出したエキス。天然色素。抗炎症の働きも。
ウコン根茎エキス植物エキスショウガ科のウコンの根から抽出したエキス。天然色素。抗炎症の働きも。
加水分解クチナシエキス植物エキスアカネ科のクチナシから抽出したエキス。天然色素。抗炎症、保湿の働きも。
水溶性アナトー植物エキスベニノキの種子から抽出したエキス。天然色素。
HC黄4着色成分ヘアカラートリートメントで一般的に使われる染料。
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール着色成分ヘアカラートリートメントで一般的に使われる染料。
HC青2着色成分ヘアカラートリートメントで一般的に使われる染料。
塩基性青75着色成分ヘアカラートリートメントで一般的に使われる染料。
塩基性茶16着色成分ヘアカラートリートメントで一般的に使われる染料。
塩基性赤51着色成分ヘアカラートリートメントで一般的に使われる染料。
塩基性黄87着色成分ヘアカラートリートメントで一般的に使われる染料。
塩基性青99着色成分ヘアカラートリートメントで一般的に使われる染料。

利尻カラーシャンプーの成分総合評価

毒性や刺激があり使用を避けるべき成分(×評価)

利尻カラーシャンプーには、毒性や刺激があり使用を避けるべき成分は配合されていませんでした。
アレルギー要因成分であるジアミン系染料、酸化剤、刺激性の酸化防止剤なども配合されておらず安心して使用することができます。

 

危険性は少ないものの注意を要する成分(△評価)

利尻カラーシャンプーに配合されている成分で、危険性は少ないものの要注意として評価したものは以下の成分です。

 

界面活性剤
  • ポリクオタニウム-10
  • ポリクオタニウム-53
  • ポリクオタニウム-6
  • ポリクオタニウム-7
  • 塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン

 

いずれもカチオン(陽イオン)界面活性剤で、配合量によっては刺激性になりうる成分であることから△評価としました。
ただしカラーシャンプーやカラートリートメントのカテゴリは化粧品で、使用されている界面活性剤は、厳しいテストをクリアした安全性の高いものだけが、適当な分量の範囲内で配合されており、頭皮への影響はまず心配する必要はないと言えます。
界面活性剤はクリーム状に乳化するためには欠かすことのできない成分で、一般的なカラートリートメントやヘアトリートメントには必ず使用されています。乳化の働きだけでなく、帯電防止、ヘアコンディショニングなども目的として配合されています。
利尻カラーシャンプーにはカチオン界面活性剤の中でも刺激性の低いものが使用されていますが、地肌に成分が残った場合、刺激の要因になる可能性はゼロではありませんので、頭皮に成分が残らないようよくすすぐようにしましょう。
※通常のシャンプーやリンス・コンディショナーにも界面活性剤が使われており、同様に頭皮に成分が残らないよう丁寧に洗い流すことが必要です。

 

防腐剤
  • フェノキシエタノール

 

防腐剤にフェノキシエタノールが配合されています。
パラベン系の防腐剤に比べると効果・刺激ともにマイルドで、パラベンの代替成分としてオーガニック化粧品にも配合されていますが、刺激はゼロというわけではありません。
肌の弱い人はやや注意が必要です。

 

着色成分
  • HC黄4
  • HC青2
  • 塩基性青75
  • 塩基性茶16
  • 塩基性赤51
  • 塩基性黄87
  • 塩基性青99
  • 4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

 

化学染料は、ジアミン系の染料に比べ刺激は弱くアレルギーリスクも低い成分ですが、天然色素に比べると刺激は強いとされています。そのため△評価としました。
利尻カラーシャンプーには、天然色素もいくつか配合されていますが、天然色素はカラーの安定性が低く、それだけではきれいな髪色が出せずカラーも持続させることができません。
そのため一般的にカラーシャンプーやカラートリートメントには化学染料がメインの染料として配合されています。
化学染料の中でも塩基性染料やHC染料はキューティクルを開くことがないことから、髪を傷めず頭皮への刺激もほとんどありません。安定的にカラーを出すことができ、現時点では最も安全な化学染料と言われています。

 

トリートメント成分

ミネラル分が豊富で保湿にも効果的な利尻昆布エキスのほか、頭皮の保湿や血行促進、養毛に効果が期待できる植物成分や、ケラチンPPT・シルクPPTなどのヘアコンディショニング成分も豊富に配合されています。
トリートメント成分は配合されていますが、カラーシャンプーの特性上、カラートリートメントに比べるとやや抑え気味の印象です。

 

利尻カラーシャンプーの成分総評

総合評価:A
要注意と評価した成分も配合されていますが、いずれもカラートリートメントなどにも一般的に配合されている範囲の比較的危険性の低い成分ばかりです。
防腐剤や酸化防止剤も刺激性の低い成分が採用されており、配合成分に十分注意がはらわれていることがよく分かります。
配合されている洗浄成分は全てアミノ酸系なので、頭皮のオイルコントロール力にも優れています。今まで市販の量販高級アルコール系シャンプーを使っていた方であれば、このカラーシャンプーに切り替えるだけでも頭皮環境の改善につながることが期待できそうです。

 

■注意事項
白髪染めの成分鑑定は、各種の文献を参考に、化粧品成分スペシャリストの資格をもつスタッフが行い、独自の判断の元で評価をしています。
効果や影響は配合量によっても違いがありますが、成分表からは各成分の配合量を知りえることはできません。表示順位から効果や影響を類推しています。
また評価している白髪染めはスタッフが実際に一定期間使用し、刺激やアレルギー反応がないことを確認しています。
しかしながら全ての人に刺激やアレルギーが出ないという保証はなく、このページで安全と評価している成分の安全性自体を保証するものではありません。
白髪染めを使用して異常を感じる場合はただちに使用をやめ、医師の相談のうえ使用の判断をしてください。

 

■参考文献
化粧品成分ガイド / 宇山 光男 (著), 久光 一誠 (著), 岡部 美代治 (著)
化粧品成分用語事典 / 鈴木一成 (著)
化粧品成分表示のかんたん読み方手帳 / 久光 一誠 (監修)
やさしい化粧品&サプリメント成分辞典 / 霜川 忠正 朝田 康夫 (監修)
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典 / 小澤 王春 (著)

 

毎日のシャンプーで簡単!利尻カラーシャンプー

関連ページ:毎日のシャンプーで簡単!利尻カラーシャンプー
利尻カラーシャンプーは、いつものシャンプーに替えて使うだけで白髪染めができる“洗う・染める”を1度に叶えるこれまでにはなかった新発想の白髪染めです。毎日のシャンプーだけで白髪ケアができま...

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性白髪染めランキング


このページの先頭へ戻る