メンズ白髪染めシャンプー

男性の白髪を手間なく自然に目立たなくするなら・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪染めを面倒に感じている男性

白髪が目立ってくると、女性の場合は白髪を完全に染めて隠してしまいたいというニーズが強いのですが、男性の場合は、白髪を完全に隠したいというよりは、目立たなくなればいいというニーズをお持ちの方が多いようです。

 

もう一点、男性の傾向として見られるのが「白髪染めは面倒」と感じている方が多いことです。
普段からスキンケアやヘアケアなど美容に時間や手間を費やしている女性に比べ、男性は美容周りのことに時間や手間を割かれることに抵抗があります。

 

とは言え、白髪が生えているまま放置しておくわけにもいきません。
白髪があるだけで老けて見られてしまいますし、ビジネスシーンでもだらしない印象に見られてしまえば良いことはありません。

 

今回は、そんな白髪染めを面倒に感じている男性の皆さんに、手軽に、そして自然に白髪を目立たなくする方法をご紹介します。


白髪染めシャンプーのススメ

白髪染めの面倒と言えば・・・

白髪染めの何が面倒かと言えば「染める前の準備」「放置時間」ではないでしょうか。

 

  • 白髪染めを始める前にシャンプーをして、タオルで髪の水気を切ります。まずこれが面倒。
  • 次に手袋をして染料を手に取ります。この手袋も面倒と言えば面倒。
    (カラートリートメントは素手で使えますが、爪や指先が染まると厄介なので手袋をします)
  • 染料を髪全体に塗り広げて10分ほど放置する必要があります。この時間も面倒なのです。

 

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプー

そこでオススメする方法が「白髪染めシャンプー」です。
白髪染めシャンプーであれば、これらの面倒もなく白髪を染めることができます。

 

白髪染めシャンプーの使い方は非常に簡単です。いつも使っているシャンプーを白髪染めシャンプーに替えて、普段どおりにシャンプーをするだけです。
シャンプーの中に白髪を染める染料が配合されているので、シャンプーするだけで髪を洗うのと同時に白髪も染めることができます。

 

白髪染めシャンプーは手間も少ないのが特徴ですが、もう一つの特徴は「染まりがとてもゆっくり」していることです。数度の使用ではほとんど髪に色をつけることができず、10回ほど使って髪が染まってきます。毎日徐々に髪が染まってきますので、周りに染めていることを知られることもなく、自然に白髪を目立たなくすることができます。

 

▼白髪染めシャンプーを実際に使ったレポートです。

利尻カラーシャンプー使用体験レポート

関連ページ:利尻カラーシャンプー使用体験レポート
普段は利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしていますが、今回新たにシャンプータイプの利尻カラーシャンプーが発売されていましたので、購入のうえ実際に使用してみました。使い勝手や染まり...

白髪が目立たないカラー選び

白髪染めカラーチャート

白髪染めを選ぶとき、どのカラーを選ぶのかは重要です。
正しくカラーを選ばないと、染めた部分だけが浮いて見えたり、髪全体で染めムラになってしまうこともあります。

 

ヘアカラータイプの白髪染めであれば、黒髪も一緒に髪のメラニン色素を脱色してから、白髪も黒髪もまとめて同じカラーに染色してしまうので、髪全体に染料を漏れなく塗ればあまり染めムラになることはありません。

 

それに対して、カラートリートメントタイプや今回ご紹介したシャンプータイプの白髪染めは、黒髪にはほとんどカラーがつきませんので、白髪を染めるカラーをきちんと選ばないと、染めた部分だけが浮いて見えたり、髪全体を見ると染めムラに見えてしまうこともあります。

 

白髪と黒髪とのコントラストで白髪が目立つ

白髪というのは、白髪と黒髪とのコントラストが強いほど目立つものです。
例えば、金髪の外国の方などは白髪があっても白髪と金髪のコントラストが弱いので、白髪があまり目立ちません。日本人は髪の黒い方が多いので、数本白髪があるだけでも白と黒のコントラストが強く白髪が目立ってしまうのです。

 

女性の場合は、明るめの髪色にしている方も多いので、白髪が気になる方は髪色自体を明るくしてしまうことで白髪を目立たなくする方法もありますが、男性の場合は簡単に髪色を明るいカラーに変えるわけにもいきません。

 

会社での人目もあり、ほとんどの男性が地毛をベースにブラック系の暗い色合いの髪色をされていると思います。

 

そんな男性が白髪染めのカラーを選ぶときは「地毛に近いカラーを選ぶ」ことです。あるいは地毛よりも少しだけ濃いめのカラーを選んでも良いと思います。

 

当たり前のような答えになってしまいましたが、カラートリートメントや白髪染めシャンプーは、上で書いたとおり、白髪部分しかカラーがつかないため、地毛に近いカラーを選ばないと染めムラが出てしまうことがあります。

 

茶色が強い明るい髪色の男性であれば「ダークブラウン」系の濃いめの茶色黒色~濃いめの茶色の髪色の男性であれば「ブラック」系のカラーを選ぶと、地毛との色の馴染みが良いと思います。


白髪を増やさないためには生活習慣の見直しも重要

白髪が生えてくる要因

乱れた生活習慣で白髪

髪の毛というのは元々黒いのではなく、生えてきたばかりの髪の毛の細胞は白い状態です。髪の毛が成長する過程で、メラノサイトが作り出したメラニン色素が髪に取り込まれることで徐々に色がついてきます。

 

何らかの要因でこのメラノサイトの機能が低下してしまい、うまくメラニン色素を作り出すことができなくなると、髪の毛は白いまま生えてくることになります。

 

メラノサイトの機能を低下させるのは、加齢だけが要因でなく、食生活や運動不足など生活習慣の乱れ、過度のストレスなども要因になります。生活習慣の乱れやストレスは頭皮の血行不良を招き、髪の細部にまで必要な栄養を送り届けることができなくなり、メラノサイトの機能を低下させてしまうのです。

 

生活習慣の見直しで白髪を予防

生活習慣の見直し

もしかすると、今生えている白髪も、加齢が要因ではなく、普段の生活習慣の乱れが要因になっているかもしれません。

 

ということは、生活習慣を見直すことで、これ以上白髪を増やさなくしたり、今後の白髪を予防できる可能性もあります。

 

規則正しくバランスの良い食事を摂り、しっかりと運動をして、質の良い睡眠をとる。なるべくストレスを溜め込まないようにすることも重要です。

 

頭皮の血行を改善するためには、頭皮マッサージも有効です。頭皮マッサージをすることで、頭皮のコリがほぐれて血行が良くなり、毛根まで栄養分がしっかりと届くようになります。

 

今すぐ全部を実行するのは難しいと思いますが、できることから少しずつでも良いので実行していきましょう。生活習慣が改善されれば、白髪予防にもつなげることができるでしょう。

 

いま生えている白髪は白髪染めシャンプーで目立たないようにケアして、併せて少しずつでも生活習慣を見直しながら、体の内側から白髪予防につなげられれば一番理想です。

 

毎日のシャンプーで簡単!利尻カラーシャンプー

関連ページ:毎日のシャンプーで簡単!利尻カラーシャンプー
利尻カラーシャンプーは、いつものシャンプーに替えて使うだけで白髪染めができる“洗う・染める”を1度に叶えるこれまでにはなかった新発想の白髪染めです。毎日のシャンプーだけで白髪ケアができま...

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性白髪染めランキング


このページの先頭へ戻る