メンズ男性用白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加

無添加白髪染めに明確な基準がないのを知ってましたか?

無添加白髪染めの基準?

「髪や頭皮に優しい無添加」と謳った白髪染めも多く販売されています。

 

特にトリートメント系の白髪染めでは、「無添加」や「●●フリー」などと謳い、髪や頭皮に優しいことをアピールしている商品が多いようです。

 

「無添加」と書かれていれば、漠然と「安全に使えそう」「刺激が少なそう」「ダメージがなさそう」と良さそうに感じてしまうものですが、本当にそうなのでしょうか?

 

実際にさまざまな添加物が頭皮の刺激要因となることから、敏感肌の方や肌の弱い方は注意した方が良いのは事実ですが、実のところ、この「無添加」という表現は定義自体があいまいで明確な基準はないのです。

 

医薬品等の有効性・安全性確保のために定められている法律である薬機法(旧・薬事法)でも、「無添加」と表記するにあたっての基準やルールといったものは特に定められていません。

 

「無添加」と書かれていても、その内容・基準は各メーカーによってまちまちです。
そのため、必ずしも「無添加白髪染め=安全」というわけではありません。

 

防腐剤のパラベンや鉱物油、合成香料、シリコーンなど、髪や頭皮に影響の出やすいと言われている添加物は色々とありますが、何を「無添加」としているのか、商品の説明ページに明記されているものもありますが、書かれていない場合は全成分表示を確認する必要があります。

 

使う前にどのような添加物が使われているのかよく確認をしておかないと、安全な無添加の白髪染めを使っているつもりでも、実は肌に合わない添加物が使用されていたとなればば、頭皮が痒くなった、刺激を感じた、など頭皮トラブルの原因になってしまう可能性もあります。

 

今回は、白髪染めに配合されている可能性のある成分の中で、注意をしておいた方が良い添加物についてまとめました。

 

また併せて、実際に使用してみた白髪染めの添加物を全て調査し、安心して使える無添加白髪染めとしておすすめの3つをご紹介します。


白髪染めに配合されていたら注意したい添加物

白髪染めの成分表

一般的な白髪染めに使用される可能性のある成分の中で、アレルギー要因となりうるものや敏感肌の方や肌の弱い方が注意を要する添加物をご紹介します。

 

必ずしも全ての成分が良くないというわけではありませんが、どのような添加物に注意が必要なのか知っておくことで自分に合った白髪染めを選ぶ際の参考になります。

 

ジアミン染料

市販されているヘアカラーに含まれる酸化染料の成分です。
ヘアカラーの仕組み上不可欠な成分ですが、ジアミンアレルギーのリスクがあり、使用には最も注意が必要な成分です。
一般的に、ヘアマニキュアやトリートメント系白髪染めには配合されていません。

成分表には、パラフェニレンジアミン、トルエン-2,5-ジアミン、パラアミノフェノール、メタアミノフェノールのいずれか、あるいは複数の表記があります。

 

過酸化水素水

過酸化水素水もヘアカラーには欠かすことができない成分です。
酸化染料と化学反応を起こして、髪のメラニン色素を分解する役割があります。
活性酸素の一種であり、頭皮に付着すると刺激になるばかりか、頭皮を酸化させ頭皮環境の悪化につながることもあります。

成分表には、そのまま過酸化水素水と表記があります。

 

タール系色素

タール系色素は、ヘアマニキュアで使用される酸性染料の色素です。
日本では安全の確認されたカラーが認可され、医薬品や食品の添加物としても使用されていますが、発がん性やアレルギーとの関連も指摘されていることから海外では使用を禁止している国もあることから、注意が必要な成分です。

成分表には、赤227、黒401などと「色+番号」と表記されます。

 

パラベン

パラベンは、防腐剤として使用されている成分です。
少量で抗菌作用が高いため多くの化粧品に使用されていますが、正式名称「パラオキシ安息香酸エステル類」と言い、薬事法時代には表示指定成分として指定されていた要注意成分です。
毒性は低いと言われていますが、敏感肌や肌の弱い方は注意が必要です。また紫外線による皮膚細胞の老化作用も報告されています。

成分表には、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベンと表記されます。

 

鉱物油

鉱物油は、石油を原料として作られる成分で、頭皮の表面に油で膜を作って頭皮を保護する働きがあります。
以前は純度が低く皮膚トラブルの要因になっていましたが、精製技術が高まった現在では鉱物油の安全性は高いと言われています。普通肌の男性であればまず影響は少ないはずですが、敏感肌の方や肌のコンディションによっては刺激になることがあります。

成分表には、パラフィン、ミネラルオイルなどと表記されます。

 

シリコーン

シリコーンは、酸素とケイ素と有機基からなる有機化合物で、髪の表面を覆うことで艶を与えたり、手触りを良くする効果があります。
シリコーンは多くのヘアケア製品で使用されていますがそのリスクについては議論が割れています。
成分に関する書籍を確認してもリスクは低いようですが、シリコーンを配合しないノンシリコン製品が肌の弱い方に一定の評価を得ていることを考えると、敏感肌の方は注意して使用したほが良さそうです。

成分表には、ジメチコン、シクロメチコン等と表記されます。

 

合成香料

合成香料は、化学的に合成された香料で、化粧品に香りをつけるための成分です。
香料は少量で十分な効果が得られることから、配合量自体が非常に少量でもあり、普通肌の男性であればまず影響は少ないはずですが、敏感肌の方や肌のコンディションによっては刺激になったりアレルギー要因になることがあります。

成分表には、一番最後にそのまま香料と表記されます。
化粧品の全成分表示ルールにおいて、香料は複数成分から構成されている場合でも一括りで香料と表示することができることから、使用されている香料の種類や配合量等は不明です。


無添加白髪染めの代表「ヘナカラー」は安全?

ヘナカラーをする男性

無添加白髪染めの代表といえば「ヘナカラー」を思い浮かべる方も多いかもしれません。

 

天然ヘナ(ヘンナ)を使った成分で、安全な印象のあるヘナカラーですが、実はその全てが安全な製品であるとは言えません。

 

ヘナカラーにも色々あり、天然成分だけで作られたものだけではなく、刺激性の添加物が配合されたもの、カラートリートメントにヘナを少し配合しただけのもの、中にはジアミンなどの染料が配合されたようないわゆる「ケミカルヘナ」なども含まれています。

 

ヘナだからといって100%安全とは思わず、買う前に成分表をよく確認してみましょう。

 

天然成分のヘナカラーの場合は、ヘンナ葉、ナンバンアイ葉、アンマロク果実など、「〇〇〇葉」「〇〇〇果実」などといった成分が配合されています。

 

天然成分のヘナカラーは髪や頭皮には最も優しい白髪染めではあるのですが、準備が面倒であったり染める時間も長く手間が多いといったデメリットもあり、面倒を嫌う男性にはあまりおすすめできません。

 

それ以外にも、独特の匂いがあったり、髪が少し赤みがかってしまう失敗も起きやすく、男性には使いにくい面もあります。


無添加白髪染めトリートメントのおすすめ3選

無添加白髪染めトリートメントの中から、おすすめのものを3つ厳選してご紹介します。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

 

無添加 ジアミン、過酸化水素水、タール系色素、パラベン、鉱物油、シリコーン、合成香料は、全て添加されていません
染料 水溶性アナトー、加水分解クチナシエキス、ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、HC黄4、塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76、塩基性黄57
頭皮への刺激 実際に使用していますが頭皮への刺激を感じたことはありません

コスパよし!選んで間違いなしの無添加白髪染め
利尻ヘアカラートリートメントは、ミネラル分豊富な北海道利尻島産の天然利尻昆布を使用したヘアカラートリートメントです。
要注意添加物は全て無添加。髪や頭皮を傷める添加物や染料は使われていないので、ダメージが気になる方や肌の弱い方でも安心して使えます。
トリートメントタイプながら色持ちがよく、コスパにも優れる白髪染めです。
安心して使える無添加白髪染めをお探しなら、これを選んでおけば間違いが少ないでしょう。
公式サイトからであれば初回キャンペーン2,000円で購入できます。

利尻ヘアカラートリートメント

関連ページ:利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメントは、ミネラル分豊富な北海道利尻島産の天然利尻昆布を使用したヘアカラートリートメントです。ヘアカラートリートメントと言えば利尻と言われる...

 

ルプルプヘアカラートリートメント

ルプルプヘアカラートリートメント

 

無添加 ジアミン、過酸化水素水、タール系色素、パラベン、鉱物油、シリコーン、合成香料は、全て添加されていません
染料 クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ベニバナ赤、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16、HC青2、HC黄2、HC黄4
頭皮への刺激 実際に使用していますが頭皮への刺激を感じたことはありません

髪ダメージが気になる方に選んでほしい無添加白髪染め
LPLPルプルプヘアカラートリートメントは、美髪効果が高いとされる北海道産「ガゴメ昆布」やミネラルたっぷりの海洋深層水を配合した、髪や頭皮にやさしいカラートリートメントです。
要注意添加物は全て無添加。髪や頭皮を傷める添加物や染料は使われていないので、ダメージが気になる方や肌の弱い方でも安心して使えます。
他のヘアカラートリートメント商品と比べて少し染め時間が長いのがマイナスポイントですが、とにかく頭皮や髪の毛へのダメージを少しでも減らしたい男性や肌の弱い方にもおすすめの白髪染めです。
公式サイトから全額返金保証付き初回キャンペーン1,980円で購入できます。

ルプルプヘアカラートリートメント

関連ページ:LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント
LPLPルプルプヘアカラートリートメントは、美髪効果が高いとされる北海道産「ガゴメ昆布」やミネラルたっぷりの海洋深層水を配合した、髪や頭皮にやさしいカラートリート...

 

マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

 

無添加 ジアミン、過酸化水素水、タール系色素、パラベン、鉱物油、シリコーン、合成香料は、全て添加されていません
染料 ウコン根茎エキス、HC青2、塩基性茶16、塩基性青99、HC黄4、HC黄2
頭皮への刺激 実際に使用していますが頭皮への刺激を感じたことはありません

エイジングケアにも使える無添加白髪染め
育毛剤やスカルプケアシャンプーなど多数のヘアケア商品を販売している「マイナチュレ」シリーズのカラートリートメントです。
要注意添加物は全て無添加。髪や頭皮を傷める添加物や染料は使われていないので、ダメージが気になる方や肌の弱い方でも安心して使えます。
オールインワンケア商品と位置付けられているとおり、きれいに白髪を染めるだけではなく、色落ちを抑える成分や、髪や頭皮をケアする美容成分が贅沢に配合されており、これ一本でトータルヘアケアができるのが一番の特徴です。
公式サイトからであれば初回キャンペーン3,000円で購入できます。

マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

関連ページ:マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントは、育毛剤やスカルプケアシャンプーなど多数のヘアケア商品を販売している「マイナチュレ」から新しく販売された白髪染め...

無添加白髪染めシャンプーのおすすめ

無添加白髪染めシャンプーも一つおすすめをご紹介します。

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプー

 

無添加 ジアミン、過酸化水素水、タール系色素、パラベン、鉱物油、シリコーン、合成香料は、全て添加されていません
染料 ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、加水分解クチナシエキス、水溶性アナトー、HC黄4、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、塩基性青75、塩基性茶16、塩基性赤51、塩基性黄87、塩基性青99
頭皮への刺激 実際に使用していますが頭皮への刺激を感じたことはありません

とにかく手間なし!シャンプーで染まる無添加白髪染め
利尻カラーシャンプーは、いつものシャンプーに替えて使うだけ。毎日のシャンプーだけで白髪ケアが同時にできてしまうので、わざわざ白髪染めをする手間から解放されます。
要注意添加物は全て無添加。髪や頭皮を傷める添加物や染料は使われていないので、ダメージが気になる方や肌の弱い方でも安心して使えます。
アミノ酸系シャンプーなので、添加物だらけの市販シャンプーを使ってきた方なら、これに切り替えるだけでも髪や頭皮に違いが感じられると思います。
公式サイトからであれば初回キャンペーン2,500円で購入できます。

利尻カラーシャンプー

関連ページ:利尻カラーシャンプー
利尻カラーシャンプーは、いつものシャンプーに替えて使うだけで白髪染めができる“洗う・染める”を1度に叶えるこれまでにはなかった新発想の白髪染めです。毎日のシャンプーだけ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ