メンズ男性用白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪染めトリートメントのススメ

30代に入ったあたりから白髪も少しずつ出始めてきます。最初は数本だけ生えていたのが、年齢とともに白髪の量もどんどん増えてきます。

 

早い方であれば30代の前半頃から白髪染めを使って白髪ケアをしている方もいるのではないでしょうか。

 

白髪染めと言ってもいくつか種類がありますが、男性の場合は白髪染めを始めるとき、近所のドラッグストアで有名メーカーの白髪染めを手に取ることが多いことから、ヘアカラータイプの白髪染めを使う方が大半だと思います。

 

ヘアカラータイプの白髪染めは、1剤と2剤を混ぜ合わせて使うタイプの白髪染めです。
一度でしっかりカラーが入り色持ちも良いことから、メンズ白髪染めでは主流はこのヘアカラータイプです。メンズビゲンやサロンドプロ、ルシードなどが有名ですが、店舗に置いてある白髪染めはほとんどがヘアカラータイプです。(最近は、少しずつですが、カラーリンスやヘアマニキュア、カラートリートメントも片隅に置かれるようになってきました)

 

ヘアカラーは、染毛力が高いので使い勝手は非常に良いのですが、配合されている成分や髪にカラーをつける仕組み上、どうしても髪や頭皮へのダメージを避けることができませんし、アレルギーリスクの心配もあります。

 

一度や二度の使用で髪や頭皮へ致命的なダメージを与えるわけではありませんし、またパッチテストをきちんと行うことである程度はアレルギーリスクも回避することはできますが、継続的な使用はあまりオススメできません。

 

男性の場合、年齢を重ねてくると白髪だけではなく、抜け毛が増えてきたり、髪のボリュームが減ってきたりと髪の悩みは増えてくる一方です。

 

白髪染めは一度使って終わりではなく、定期的に染め直しが必要になってきます。そのため、できるだけ髪や頭皮を傷める心配のない低刺激の白髪染めを選ぶことが大切です。

 

そんなときに活躍してくれるのが「白髪染めトリートメント」です。白髪染めトリートメントは、髪や頭皮を傷めずに白髪を染められるだけでなく、これから増えてくる男性の髪の悩みにもマッチした白髪染めです。

白髪染めトリートメントは男性にこそオススメ

オススメする男性

白髪染めトリートメントは男性にはあまり馴染みがないと思います。多くの白髪染めトリートメントは男女兼用なのですが、販売している公式サイトを見ても、ほとんどが女性に訴求したような作りになっています。

 

メンズ白髪染めと言えば、先ほども書きましたが、ヘアカラーが主流です。カラーリンスやヘアマニキュアも販売されていますが、まだまだ「白髪染め=ヘアカラー」といった意識の男性が多く、男性に訴求した白髪染めトリートメントはまだほとんどないのが実状です。

 

女性は男性に比べ美容意識も高く、ヘアケアに関しても1歩も2歩も進んでいることから、女性向けの白髪染めでは、髪や頭皮に優しい白髪染めトリートメントが多く販売されています。
通販商品で見れば最近の主流は完全に白髪染めトリートメントに移っていると言っても過言ではありません。

 

白髪染めトリートメントは、女性向けに多く販売されていますが、基本的には男女兼用ですので、男性でも問題なく使うことができます。さらに言えば、女性よりもむしろ男性にこそオススメの白髪染めとも言えます。男性にオススメである理由は主に次の3点です。

 

髪や頭皮を傷めずに染められるので薄毛の心配がない

抜け毛を気にする男性

白髪染めトリートメントの一番の特徴と言えば、髪や頭皮を傷めずに染められることです。

 

男性にとって、髪の悩みと言えば、白髪だけでなく薄毛や抜け毛などの心配も大きいと思います。

 

白髪染めトリートメントは、刺激やダメージがほとんどありませんので、髪を傷めたり、頭皮環境を悪化させる心配がありません

 

白髪染めトリートメントと名前が付いているとおり、トリートメント成分が配合されているので、白髪染めと同時に髪や頭皮のケアにもつながります。

 

白髪ケアだけでなく、薄毛対策といった観点からも、白髪染めトリートメントは男性にこそオススメな白髪染めと言えます。

 

髪の短い男性でも生え際の白髪が目立ちにくい

生え際のしらが

男性の場合、女性に比べて髪が短い方が多く、耳周りを出したヘアスタイルが多いことから、どうしても生え際の白髪が目立ちやすくなります。

 

人や季節によっても差はありますが、平均すると、髪の毛は1日に0.3~0.4mmほど成長します。
ヘアカラーを使っていれば1ヶ月に1回くらいの頻度で染め直すことが多くなりますが、そうすると次の染め直しのタイミングでは生え際に1cm前後の白髪が生えてきていることになります。

 

1cmというのは長髪であればほとんど気にならない長さですが、短髪であったり、生え際が露出したヘアスタイルの男性であればかなり白髪が目立ってきているはずです。

 

また、ヘアカラーは染料の刺激が非常に強いため、地肌に付着しないように染めようとすると、髪の根元まできれいに染めるのが難しく、生え際に染め残しが出がちでもあります。

 

白髪染めトリートメントであれば、1週間程度で染め直しをしますので、生え際の白髪が目立ってくる前に毎回ケアすることができます。染料が頭皮に付着しても、頭皮に負担をかける心配がありませんので、髪の根元までしっかりと染めることができます。

 

シャンプーのついでに使えるので手間がかからない

白髪染めを面倒に感じる男性

白髪がありながら白髪染めをしていない男性も一定割合存在します。その多くは「面倒だから」といった理由から白髪染めを敬遠しているようです。

 

ヘアカラーの場合は、染める頻度は少ないですが、いざ染めようとすると何かと面倒です。

 

48時間前からパッチテストでアレルギー反応が出ないことを確認する必要もあり、染める日には色々と準備をして、長い時間放置時間が必要になり、後片付けもあり、といいうように面倒な点が多くあります。

 

白髪染めトリートメントは、普段のリンスやコンディショナー・トリートメントに替えて使うだけなので、シャンプーついでに使えます。準備や後片付けもこれといって必要ありません。

 

放置時間も10分程度の時短タイプが大半です。白髪染めトリートメントをしている間に、体を洗って、顔を洗って、髭を剃って、諸々片づけしている間に髪が染まっています。後は洗い流して終わりです。

 

面倒くさがりメンズや、あまり白髪ケアに時間を取れない忙しい男性でも、あまり面倒を感じることなく手軽に使うことができます。


白髪染めトリートメントのデメリット

白髪染めトリートメントのデメリット

白髪染めトリートメントが男性にオススメな理由を説明してきました。

 

髪や頭皮に優しく、生え際の白髪ケアもでき、面倒も少ない、と良いことばかりの白髪染めトリートメントですが、反対にデメリットもあります。

 

染毛力はヘアカラーほど強くない

ヘアカラーは髪のキューティクルを開いて髪の内部に染料を定着させますが、白髪染めトリートメントは髪の表面付近に染料を付着させるだけのため、染毛力はヘアカラーほど強力ではありません。

 

使う白髪染めトリートメントや使う人の髪質にもよりますが、一度の使用では染まりが弱い場合や、希望どおりのカラーに染まるまで数回の使用が必要になる場合もあります。そのため、今すぐ白髪を完全に隠したい・真黒に染めたいといったニーズには向いていません。

 

逆に言えば、ヘアカラーのように1回で髪色が極端に変わらず、段階的に髪色が濃くなっていくので、周りの人に白髪染めをしていることを知られたくない方には使いやすい白髪染めです。

 

黒い髪のカラーを変えることはできない

ヘアカラーは白髪だけでなく黒髪も一緒に一旦脱色してからカラーを流し込むため、明るいカラーでも暗いカラーでも希望どおりのカラーに染めることができます。

 

それに対して白髪染めトリートメントは、髪の脱色は行うことはなく、染料を付着させるだけなので、白髪にはカラーがつきやすいのですが、黒髪はほとんどカラーが発色しません

 

そのため、地毛を元の髪色以上に明るい髪色に染めることはできません。例えば、地毛が黒い髪色の場合、ブラウンの白髪染めトリートメントを使っても、白髪はブラウンに染まりますが、地毛は元の黒が強いためブラウンがほとんど発色しないことになります。

 

そのため、白髪染めトリートメントを使うときは、地毛に近いカラーを選んで染める必要があります。

 

シャンプーで徐々に色落ちしてくる

ヘアカラーのようにキューティクルを開いて染めているわけではないため、白髪染めトリートメントは、シャンプーをするたびに少しずつ色落ちしてきます。

 

利尻ヘアカラートリートメントのように比較的色持ちの良いものもありますが、多くの白髪染めトリートメントは週に1~2回程度の使用が推奨されています。

 

染め直しの頻度はヘアカラーに比べ多くなってしまいますが、定期的に髪のトリートメントをすることができ、また小まめに生え際の白髪ケアをできることはメリットにもなります。


実際に使って良かったオススメの白髪染めトリートメント

いくつもの白髪染めトリートメントを実際に使って試してきましたが、その中でもオススメの上位3つをご紹介します。

 

白髪染めトリートメント選びに迷っている方や、初めて白髪染めトリートメントを使ってみようという方は是非参考にしてみてください。また、すでに白髪染めトリートメントを使っているけれどいまいち満足していないといった方にも参考にしてもらえれば幸いです。

 

第1位:利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

第1位は「利尻ヘアカラートリートメント」です。
利尻ヘアカラートリートメントは、ミネラル分豊富な北海道利尻島産の天然利尻昆布を使用した白髪染めトリートメントです。

 

髪や頭皮を傷める添加物や染料は一切使われていないので、ダメージが気になる方や肌の弱い方でも安心して使えます。

 

白髪が気になる年齢になると、多くの男性は髪の水分量が減ってきたり、ハリ・コシがなくなり髪のボリュームも減ってくる悩みが増えてきますが、保湿力の高い天然エキス・フコイダンや天然植物の髪補修成分が配合されており、髪の水分低下やボリュームダウンといった悩みにも対応しています。

 

いろいろ白髪染めを試していますが、染まり具合・色持ち・コストを考えると、いまのところ利尻ヘアカラートリートメントを超える白髪染めには出会っていません

 

公式サイトは女性向けのようですが、私自身もメイン使用しており、男性の皆さんにも自信をもってお勧めします。トリートメント効果が高く使った後は髪がフンワリと立ち上がります。

 

利尻ヘアカラートリートメント

素手に使える白髪染め

 

利尻ヘアカラートリートメント使用レビュー

関連ページ:利尻ヘアカラートリートメント使用レビュー
ミネラル分豊富な北海道利尻島産の天然利尻昆布を使用した無添加の利尻ヘアカラートリートメントは、白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェア2017年で全国1位にも選ばれた...

 

第2位:ルプルプヘアカラートリートメント

ルプルプヘアカラートリートメント

第2位は「ルプルプヘアカラートリートメント」です。

 

LPLPルプルプヘアカラートリートメントは、美髪効果が高いとされる北海道産「ガゴメ昆布」やミネラルたっぷりの海洋深層水を配合した、髪や頭皮にやさしい白髪染めトリートメントです。

 

成分リニューアルされて、染まりもぐっとアップしてさらに使いやすくなりました。

 

他の白髪染めトリートメント商品と比べて少し染め時間が長いのがマイナスポイントですが、とにかく頭皮や髪の毛へのダメージを少しでも減らしたい男性や肌の弱い方にもおすすめの白髪染めです。

 

ルプルプヘアカラートリートメント

手袋に染料をのせる

 

ルプルプヘアカラートリートメント使用レビュー

関連ページ:ルプルプヘアカラートリートメント使用レビュー
LPLP(ルプルプ)を実際に使用してみました。こちらも利尻ヘアカラーと同じ昆布のフコイダン成分を配合した白髪染めで、口コミもなかなか良さそうです。 使い勝手や染まり具合など...

 

第3位:マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント

第3位は「マイナチュレ カラートリートメント」です。

 

マイナチュレカラートリートメントは、オールインワンケア商品と位置付けられているとおり、きれいに白髪を染めるだけではなく、色落ちを抑える成分や、髪や頭皮をケアする美容成分が贅沢に配合されており、これ一本でトータルヘアケアができるのが一番の特徴です。

 

トリートメント効果が高く、染めた後もギシギシすることなく髪がなめらかになります。

 

マイナチュレ カラートリートメント

白髪染めを手に取った様子

 

マイナチュレカラートリートメント使用レビュー

関連ページ:マイナチュレカラートリートメント使用レビュー
マイナチュレ・オールインワン・カラートリートメントを男性の私が実際に使用してみました。使い勝手や染まり具合などリアルな使用感を体験レポートします。購入をお考えの方が...

このエントリーをはてなブックマークに追加

条件から白髪染めを検索

条件を選んで検索ボタンを押してくださいリセット
詳細検索
TOPへ