メンズ男性用白髪染め

白髪染め・ヘアカラーに関する用語辞典 ハ行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ア行カ行サ行タ・ナ行ハ行マ・ヤ・ラ・ワ行

 

半永久染毛料

いわゆるヘアマニキュアと呼ばれるもの。
酸性染料の成分とは異なり色素が使われています。使われている成分や染毛効果はメーカーによって違いますが、一般的には表面に色素が吸着し、その一部がキューティクルの隙間から内部に浸透することで髪が染まります。
半永久染毛料と言われることから分かるように、染毛効果の持続性はなく3日から長くても2週間ほどで色は落ちてしまいます。
その代わり、酸性染料を使用していないので髪を傷めることはありませんし、アレルゲンも入っていませんからアレルギー症状が出ることもほとんどありません。
色持ちがよくコスパの高いヘアマニキュアを使ってみました

 

パッチテスト

一般的なヘアカラーにはいろいろな薬剤が入っていて、中にはかぶれや炎症などを引き起こすアレルゲンとなる薬剤もあります。
そのため、髪を染める前に、アレルギー症状が起きないかどうか確かめるために行うのが、皮膚の反応を調べるパッチテストというものです。
パッチテストの方法はいろいろありますが、ポピュラーなのは二の腕の内側など柔らかくダメージを受けていない皮膚に染剤を塗り、その部分を濡らさないようにして48時間放置するという方法です。
48時間後にチェックしてみて、何の症状もなければ問題ないので、白髪染めをしても大丈夫という判断になります。
一般的にヘアマニキュアなど酸性染毛料の場合にアレルゲンが含まれていませんので本来はパッチテストは不要ですが、念のためパッチテストを勧めているメーカーが多いです。

 

ヘアカラー

永久染毛剤の項目を参照

 

ヘアダイ

永久染毛剤の項目を参照

 

ヘアマニキュア

半永久染毛料の項目を参照

 

ヘアカラーリンス

シャンプーの後にトリートメントやコンディショナーに代えて使うタイプの白髪染めです。
わざわざ白髪染めの時間を用意しなくても、毎日使うことで少しずつ色が付き、白髪を目立たなくすることができます。
ただし色持ちは悪く基本的には毎日使用することが望ましいです。
意外と使いやすい毎日タイプの白髪染め|シャンプー・リンスタイプ

 

ヘナ

熱帯地方に自生するミソハギ科シコウカの植物。ヘナを粉末にしたものは、爪やタトゥー、そして髪などを染める染料として古くから使われています。
また、インドの伝承医学であるアーユルベーダでは、薬草としても用いられています。
100%植物由来の染料なので、髪や頭皮にとても優しいという特徴があり、最近は日本でもヘアカラーの染料としてヘナを使うようになっています。
さらに、ヘナはタンパク質と結合すると皮膜を作る作用があるため、外部の刺激から髪を保護したり、内部の保水力を高めるトリートメント効果もあります。
このトリートメント効果で、髪にハリやコシを出したり、クセ毛を軽減する効果もあることから、髪を健康にしながら染められる植物として注目されています。

 

フコイダン

昆布やわかめ、もずくなどの海藻類だけに含まれる水溶性食物繊維成分の一種。
海藻類独特のヌメリはフコイダンによるもので、海藻が太陽などにさらされても長時間保水出来るのは、このヌメリ成分で覆われているからです。
また、フコイダンは海藻が砂や岩などで傷ついたりすると、傷ついた部分を修復するという働きも持っています。
これは細胞増殖促進作用によるものですが、この働きは、人間の細胞にも作用することが分かっています。ダメージを受けた部分の細胞を増殖して修復したり、細胞を刺激して活性化してくれます。
よく染まり髪の毛のトリートメント効果が高いことからフコイダン配合のヘアマニキュアが良く売れています。
人気の昆布白髪染め 利尻ヘアカラートリートメントとルプルプどっちがいい?

 

部分染め

白髪染め後に、髪の生え際や根元など部分的に白髪の目立ってきた箇所を白髪染めすること ⇔ 全体染め
部分染めの白髪染めの選び方

 

放置時間

白髪染めの際に、染料を髪に付けてから染まるまでに放置しておく時間のこと。
白髪染めの種類や製品ごとに時間が定められており、短かければ染まりが弱かったり、長すぎれば髪や頭皮を傷つけてしまうこともありますので使用説明書に従い使用することが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性白髪染めランキング


このページの先頭へ戻る